46 views

星野源、藤井風、Vaundy等、溢れんばかりの才能でシーンの先頭を走り続ける男性アーティストの勢いが益々増して行く中、魅力溢れる新しい才能を本日まさに発信し始めた注目の男性アーティストがSUKEROQUE(読み:スケロク)だ。



SUKEROQUEはソロアーティスト名では無く、作詞作曲から編曲迄手掛け、ハイトーン、ミドルボイス、そしてファルセットをも織り交ぜた甘い歌声で言葉の機微を表現するSHOHEIによるソロプロジェクト。日本人的な感情や情緒感を反映したセンス溢れるソングライティングで、都市生活特有の悩みや喜び、葛藤をシニカルで独特な情景描写で描き出すスタイルは今後注目を集めて行く事必至。

そんなSUKEROQUEが青臭いほどの“期待”と“希望”を打ち込みとリアルの両サウンドのミクスチャー・ポップとして繊細に、そしてダイナミックに“今を生きる”事を謳ったナンバー、「蟲籠」(読み:ムシカゴ)を本日デジタルシングルとして配信スタートさせた。



SUKEROQUEの主宰者であるSHOHEIの音楽原体験は両親がいつも車の中や自宅で聴いていた山下達郎、大瀧詠一等のシティポップで、その後のソングライティングにも大きな影響を与えて行く事となった。また、中学時代に触れたミューズ、トラヴィス等の混沌とした世界観を内包したUKオルタナティブ・ロックや、マイケル・ジャクソン、ジャミロクワイなどのソウル&ダンスミュージック等、様々な音楽から影響を受けSUKEROQUEサウンドの原型が形作られている。

埼玉・朝霞という都市の外側にある“郊外”で生まれ育ち、そこで感じ取った都市や街、そして田園風景をも内包した世界観や生き様を絵を描く様に昇華させた個性的な音楽性は、フジファブリックの故志村正彦に影響を受けたと言う独特且つ個性的な視点、緻密さを併せ持つ歌詞からもポップでありながらその奥深さを感じ取る事が出来るだろう。

ライブも定期的に行っている。オーディエンスを巻き込むエンタテインメント性が高く、聴く者を虜にするライブパフォーマンスも定評があり、4月からスタートさせたレギュラー主催イベント「BEAT TOWN BROTHERS」を下北沢MOSAiCで開催している。次回の主催イベントは「蟲籠」のリリースも記念し今月7月20日(木)に開催されるので、SUKEROQUEの魅力をダイレクトに体感したいリスナーは是非足を運んでみて欲しい。

セルフライナーノーツ

SNSやネットの普及による現代特有の生き苦しい世の中で理不尽な攻撃や閉塞感に囚われ押し潰されそうな人がたくさんいると思う。でもそんな囚われてる蟲籠の網を食い破った先にはもっと大きな世界が広がっている。難しい事かもしれない。不可能な事かもしれない。それでもそれを期待して生きていく生命力が今の社会には必要だと思いました。

軽やかなヒップホップビートと生活音のサンプリング音に溢れたAメロから段々と心情の深みに入るBメロ、感情の爆発するサビといった心情の変化と共にうねるサウンドも是非楽しんで欲しいです。この『蟲籠』を通して生き苦しい現代の中で生きる希望の光を感じて貰えれば嬉しいです。

◆SUKEROQUE Official twitter:sho_hei_ha_baka
◆SUKEROQUE Official Instgram:shohei_sukeroque

◆Digital Single「蟲籠」
  • 発売日:2022年7月13日(水)
  • レーベル:JOYMU Records
  • 品番:TWEB-548
  • 各配信サイト:https://tjc.lnk.to/mushikago
  • 1 / 1

    この記事をみんなにシェアする

    関連キーワード アーティスト

    アーティストの最新記事

    特集記事

    気になるエンタメ情報を調べる!

    トレタメライター募集中!