今日からサク読み!トレタメアプリ


2008年にメジャーデビューを果たしたGoodbye holidayはメロディーや歌詞のセンスが良いため、どこかのお店やラジオから流れてきたら「いいじゃん!!この曲」という感じでファンがどんどん増えそうなバンドです。
そんなバンドのメンバー紹介、プロフィール、楽曲紹介を通して魅力に迫りたいと思います。



SEO的な画像名





Goodbye holidayのメンバー紹介とプロフィール

広島で児玉 一真さん(担当パートはボーカルとギター、Goodbye holidayの作詞と作曲のほとんどを担当しています)が大学生だった頃に所属していたバンドが解散し、新しくバンドを作るときに高校の時の顔見知りだった福山 匠さん(担当パートはベース)を誘いました。

その後、同じサークルに所属していた大森 皓(あきら)さん(担当パートはギター)に声をかけ、児玉さんの高校の後輩の山崎 晃平さん(担当パートはドラム)を誘い4人組ユニットとして広島で結成しました。




>Goodbye holiday





2011年に上京しその後は東京を拠点として活動を続けるようになりました。


Goodbye holidayはどんな曲を作っているの?



Goodbye holidayはライブの時にも歌詞を伝えることを最も大切にしているバンドです。

例えば「ソラリス」というアルバムの中には「善くも悪くも僕たちは広い世界を捨てたんだ」とか、「思い通りにはいかないよ」という少しひねくれた強い言葉も多くあります。



SEO的な画像名








これらは児玉さんが性格的に「嫌なことでも何とかして解決に持っていきたい」と考えるタイプなので、そのようなところから歌詞のヒントを得たりしています。そのためメッセージ性も強くなるようです。

その反面で「泣くことだって必要だよ」と聴き手に優しく語りかけるような歌詞もあります。このときも児玉さんの性格的な優しさが出てしまうところで、それは他のメンバーも認めています。



1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

邦楽ロックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!