今日からサク読み!トレタメアプリ


2015年10月7日に行われた第三回歌ネタ王決定戦は、COWCOWと中山功太の同率一位で同時優勝という形で締めくくられました。

歌ネタ王 2015

今回は2013年から始まった「歌ネタ」に焦点をあてた賞レースの歴史を

過去の優勝者やそのネタを中心に振り返ってみました。

記念すべき第一回王者は新喜劇の二人!

記念すべき第一回大会であった2013年大会。エントリー総数1289組の中から10組が決勝進出しました。

上司の注意がラップのように聞こえるネタを披露したななめ45°や、

メトロノームが刻むテンポに合わせてコントを行う矢野号

過去に一台ムーブを巻き起こした替え歌で参戦した嘉門達夫など個性豊かなネタが並ぶ中、

優勝したのは吉本新喜劇座員であるすっちーと松浦真也がコンビを組んだすち子&真也です。

すち子&真也

彼らは借金取りの取り立てを真也がギターを弾きその内容にすち子が茶々を入れるというネタで優勝、

吉本新喜劇座員として初めての賞レース優勝の栄誉に輝きました。


あのピン芸人の元相方が優勝!


MBS漫才アワードが終了し、歌ネタ王に一本化されることが発表された2014年の第二回大会。
1069組がエントリーし、8組が決勝に進出しました。

前回王者のすち子&真也やR-1グランプリ2011で準優勝のAMEMIYAなど強豪が顔を揃える中

AMEMIYA

優勝したのは無名の手賀沼ジュンというピン芸人でした。

手賀沼ジュン

彼は早稲田大学在学中にコントグループWAGEのメンバーとして、

「おっぱっぴー!」で人気となった小島よしお

キングオブコント2013王者かもめんたるなどとともに活躍していた経験があり、

最終ステージ直前にあった機材トラブルにも負けず歌に合わせて回文を披露するというネタで優勝を勝ち取りました。

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

レコメンドの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!