原作:加藤シゲアキ主演:中島裕翔!「ピンクとグレー」は2016年公開!

NEWSのメンバーでありながら小説家として、一発屋ではなくその実力を認められている加藤シゲアキ



彼の処女作である「ピンクとグレー」が同じジャニーズのHey!Say!JUMP中島裕翔主演で映画化されます!その驚くべき内容とみどころとは!?




映画「ピンクとグレー」のみどころと、原作者は?監督は?キャストは誰?


ピンクとグレー
<出典:blog.livedoor.jp>



原作者の加藤シゲアキはジャニーズのアイドルグループ「NEWS」のメンバーです。歌って踊ってコンサートをしています。そんな彼の様子を見ると「ジャニーズの書く小説なんて読めないわ」と思ってしまうのも仕方ありません。しかし、この「ピンクとグレー」はそんな人たちに衝撃を与えた小説で彼はその後も次々に作品を発表しています。


そして、その処女作である「ピンクとグレー」が映画化、しかも監督は「GO」の行定監督、となれば期待しないわけにいきません!



映画製作発表についで、キャストも発表されました。主演にはHey!Say!JUMP中島裕翔。彼と対となる役には、どんな役にも染まるとその高い演技力が注目の鬼ちゃんこと菅田将暉




他にも、今や個性派女優と成長した夏帆、存在するだけでその演技力に脱帽する柳楽優弥など脇を固める俳優陣も超豪華です。



「ピンクとグレー」主演の中島裕翔、菅田将暉の演技力は?


ピンクとグレー
<出典:contents.innolife.net>


主演の中島裕翔といえば、ドラマ「半沢直樹」や「デート」でそのジャニーズらしくない演技力で注目を浴びました。顔を見たら「この人、ジャニーズだったの?」と驚く人も多い演技実力派のアイドルです。




「ピンクとグレー」という話は芸能界を舞台にしたストーリー。中島裕翔の役は「白木連吾」というスターの階段を駆け上がって行き、ある日突然自殺してしまうという難しい役どころです。この難しい役どころをスター性を出しながら演技するのは「アイドル」で舞台に立っている彼だからこそできる役なのではないでしょうか。




またその対の役となる幼馴染の河田大貴役はあの鬼ちゃんで一躍注目を浴びた菅田将暉。「そこのみにて光輝く」で多くの助演男優賞を受賞し、最近では「海月姫」の女装、「民王」での一人二役でその高い演技力で注目されています。



この二人は公私ともに仲も良いそうで、釜山映画祭でも菅田将暉中島裕翔のことを「うちの裕翔をよろしくお願いします」と紹介していました。ますます映画が見たくなってしまいますよね。


原作者加藤シゲアキの反応は?その驚くべき展開とは?



<出典:youtube.com>



映画「ピンクとグレー」は、行定監督が小説とは違う解釈を加えたと、映画製作当初から公言しています。それに対して加藤シゲアキは寛大な気持ちで映画化を楽しんでいるようです。



その驚くべき内容とみどころですが、実は幕開けから62分後に「世界が変わる仕掛け」が用意されているといい、既に映画を見た人からは衝撃の感想がツイートにもあがっています。一体どんな仕掛けがあるのでしょうか。



自殺したスター白木連吾(中島裕翔)が6通の遺書を残したことによって、幼馴染の河田大貴(菅田将暉)が一躍時の人となるのですが、その偽りの名声に大貴は苦しみはじめて…62分後「世界が変わる仕掛け」が待ち受けるのだそうです。果してどんな展開が待っているのでしょうか。



「ピンクとグレー」は2016年1月公開!


ピンクとグレー
<出典:umikarahajimaru.at.webry.info>




原作といい、監督といい、キャスト陣といい、期待度満点の「ピンクとグレー」は2016年1月に公開されます。その楽しみな共演とともに、62分後に待ち受ける「世界が変わる仕掛け」を楽しみにしていましょう!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!