トレタメ

2,775 views


原作者加藤シゲアキの反応は?その驚くべき展開とは?


映画「ピンクとグレー」は、行定監督が小説とは違う解釈を加えたと、映画製作当初から公言しています。それに対して加藤シゲアキは寛大な気持ちで映画化を楽しんでいるようです。



その驚くべき内容とみどころですが、実は幕開けから62分後に「世界が変わる仕掛け」が用意されているといい、既に映画を見た人からは衝撃の感想がツイートにもあがっています。一体どんな仕掛けがあるのでしょうか。



自殺したスター白木連吾(中島裕翔)が6通の遺書を残したことによって、幼馴染の河田大貴(菅田将暉)が一躍時の人となるのですが、その偽りの名声に大貴は苦しみはじめて…62分後「世界が変わる仕掛け」が待ち受けるのだそうです。果してどんな展開が待っているのでしょうか。



「ピンクとグレー」は2016年1月公開!




原作といい、監督といい、キャスト陣といい、期待度満点の「ピンクとグレー」は2016年1月に公開されます。その楽しみな共演とともに、62分後に待ち受ける「世界が変わる仕掛け」を楽しみにしていましょう!

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

デビュー組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!