8,973 views


明日海りおが演じる、美しいバンパネラの少年、エドガー。

ポーの一族 宝塚出典:©宝塚歌劇団 公式youtube「花組公演『ポーの一族』制作発表会 パフォーマンス(ノーカット)」より
この物語の主人公で美少年。14歳で「ポーの一族」に加わります。

冷たい眼差しと酷薄な心を持ちますが、唯一愛しているのが妹のメリーベル。彼女を守るためにバンパネラとなります。(後にメリーベルも一族に加わることになるのですが…)。

永遠に年を取らず、生き続ける「バンパネラ」であることに苦しみ続け、妹を思い続ける、冷ややかな中に熱い心を持つ少年は明日海りおさんにぴったり。原作さながらのビジュアルに、射抜かれたファンの方も多いのではないでしょうか。

エドガーはセントウィンザーの学校に通っている際のクラスメイトを一族に巻き込みます。

それが、柚香光さん演じるアラン・トワイライトです。

エドガーに導かれバンパネラに。美しき相棒を演じるのは柚香光。

ポーの一族 宝塚出典:©宝塚歌劇団 公式youtube「花組公演『ポーの一族』制作発表会 パフォーマンス(ノーカット)」より
金髪の美少年、アラン・トワイライト。原作の終盤ではエドガーとアランがセットで出てくるシーンが多く、主人公の相棒といった役どころです。

エドガーがセントウィンザーの学校に移ってきた時、アランが落馬した時にそばにいたのがエドガー。

流血したアランの血をエドガーが舐めるシーンが最初の出会いです。貿易商の息子で鼻っ柱の強いアランに、初めて抵抗したのがエドガー。アランの心に強い影響を及ぼします。

アランはエドガーの妹メリーベルに恋をしますが…。その後ポーの一族に加わります。

エドガーとアラン、二人で様々な時代、場所に現れ、物語は進んでいくのですが、舞台でも明日海&柚香の美しい2人が、共に旅するシーンが見られると思うとワクワクします。

エドガーとアラン、2人の美しく儚い友情と愛。もしかしたら宝塚の「ポーの一族」はこの辺りがポイントとなるのかもしれません。

1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!