今日からサク読み!トレタメアプリ


印象的な声や豊かな技術力・演技力に長けたベテラン・中堅声優の方に比べて、現代のアニメ作品の多くがメディアミックスされていることもあり歌、ダンス、顔、そしてもちろん演技と求められることが多くなった女性声優業界。

アイドル声優と言われれしまうこともありますが、現代の需要を考えた時に『必然的に』アイドル声優のようになってしまうのが、今の新人声優さんたちの現状なのではないでしょうか。

ですが、やっぱりちゃんとした技術やお芝居への熱量というものは伝わってくるもので、「これから活躍しそう」「伸び代がありそう」と思う新人声優の方もすくなくありません。

今回は、新人女性声優として活躍される方々のなかから主要キャラ出演数、ファンからの評判をもとに「楠木ともりさん」「小原好美さん」「市ノ瀬加那さん」「鬼頭明里さん」「石見舞菜香さん」の5名の方を

2018年に大活躍しそうな新人女性声優

としてご紹介していきたいと思います。

【楠木ともり】

まずは楠木ともりさんのプロフィールを見ていきましょう。
楠木ともり出典:©楠木ともり Twitter(@tomori_kusunoki)より

楠木ともり(くすのき ともり)

生年月日:1999年12月22日(18歳)
所属事務所:SMA(ソニー・ミュージックアーティスツ)
声優デビュー:2017年4月『エロマンガ先生』女子中学生役
主な出演作品:ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS(優木せつ菜)
きららファンタジア(きらら)*主人公
メルヘン・メドヘン(鍵村葉月)*主人公
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(レン)*主人公
公式アカウント:@tomori_kusunoki

昨年、「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS」に登場する新しいスクールアイドルのひとり、優木せつ菜役を担当することが発表され、大きな話題を呼んだ楠木ともりさん。愛称は「ともりる」です。

声優・アーティストオーディション「アニストテレス vol.5」で特別賞を受賞し、事務所入りを果たした彼女は、発表される出演作が主人公続き!

SMAと言えば、2017年に人気声優の水瀬いのりさんが退所した事務所ですが、現在も「ラブライブ!サンシャイン!!」でおなじみの伊波杏樹さんやアニソンアーティストとして活躍するLiSAさんなどが所属していて、若い才能を見出すことに長けているだけに彼女も今後さらに大きな飛躍が期待されています。
楠木ともり出典:©楠木ともり Twitter(@tomori_kusunoki)より
そんな楠木ともりさんが声優を志したのは、中学2年生の頃。TVアニメ『こばと。』の再放送を見かけ花澤香菜さんの演技に魅了され、声優を目指すことを決めたそうです。

現在でも憧れの声優に花澤香菜さんの名前を挙げていて、昨年放送されたTVアニメ「少女終末旅行」では早くも共演!アフレコ時にはお話することもできたそうで、花澤さんも自身のラジオ番組で「わたしに憧れて声優を目指しました!って挨拶に来てくれた子がいたの」と嬉しそうに報告をしていました。

実は、声優になりたいと思いはじめてからも、専門学校や養成所には通わず独学で勉強し、アニメの動画を音声なしで再生しセリフをあてて練習してみたり、ネットで調べた滑舌を良くするための早口言葉を繰り返してみたりと現代っ子な意外なエピソードも。というのも、現在も現役高校生の楠木さんは、オーディション開催時がちょうど進路に悩む時期。もしダメだったら、大学に進学することを決めていたのだとか。
楠木ともり出典:©楠木ともり Twitter(@tomori_kusunoki)より
そんな覚悟を決めて臨んだオーディションでしたが、声優ではなく最初はアーティスト志望で挑戦していました。もともと3歳からピアノを習い、学校でも軽音部に入ってボーカルを務めていたりと音楽好きだったそうで、実際にお仕事のない休日には作詞や作曲もされています。聴いている人の苦しい、つらい思いに寄り添える曲を歌いたいと話す彼女の歌詞作りは、文字にして書き出すことで自分自身を見つめ直すきっかけにもなっているそうですよ。

現在は、不定期にライブにも出演しているので、彼女のオリジナル曲を聞きたいという方はぜひ遊びに行かれてみてくださいね♪

絶賛放送中のTVアニメアニメ「メルヘン・メドヘン」は、彼女の初めてのアニメ主演作品。なんと声優として初めて挑んだオーディションで勝ち取った役だったそうです!

常に笑顔の絶えない明るく天真爛漫な様子はラジオ「メルヘン・メドヘン 楠木ともりの見習いラジオ」やニコ生番組等で垣間見えますが、いい意味で緊張感をあまり感じさせない堂々としたところが彼女の魅力のひとつでもあるのかもしれませんね。



愛嬌があって、クセのない万人から好かれるような可愛らしい声ですが、新人とは思えない落ち着きも感じ、生放送でもしっかりと番宣などもこなしているところをみると、台本通りではなく自分の考えを組み立てて「自分の言葉」で伝えることがとても上手なのかもしれません。

実際に、Twitterを覗いてみると、言葉をとても丁寧に自分らしく伝えることが上手だなあと感じました。

発表されていく出演作は大役ばかりですが、緊張やプレッシャーに負けず、今後さらに大きく飛躍していってほしいですね。


1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

小原好美市ノ瀬加那

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!