今日からサク読み!トレタメアプリ


宝塚歌劇団では、5つある組が、それぞれの個性を発揮しています。

今回は、その中でも「花組」に注目し、2018年現在の魅力をひもといていきたいと思います。

宝塚の中で最も古い花組は、伝統ある男役芸・娘役芸が必見ポイント。さらに現在は、5組の中で在任歴が一番長いトップスター・明日海りおさんが築いた”花組カラー”が色濃く舞台を彩っています。

花組の2018年は「ポーの一族」で幕を開け、宝塚ファン以外にも大きく評価されました。今年は、さらなる躍進の年となりそうです。

Special企画★宝塚歌劇の魅力

▶▶花組編
▶▶宙組編
▶▶月組編
▶▶星組編
▶▶雪組編


死神・現代の青年・永遠の少年…あらゆる表現を可能にする花組トップスター・明日海りお

明日海りお出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組『ポーの一族』より花組を率いるトップスターは、明日海りおさん。

89期生で、2014年にトップ就任を迎えてから今年で5年目に突入します。早くから抜擢され育てられてきた生粋のスターオーラは、トップスターとしてのキャリアを重ねるうちにさらにパワーアップ。

舞台に立つと圧倒的なパフォーマンスでファンの心を捉えて離しません!

中性的な美しさから、死神、平安貴族、下町の青年、現代の青年、永遠を生きる少年…などなど数多の役をいきてきました。

明日海りお出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組『ME AND MY GIRL』よりトップスターになってからは再演物を多く担当していますが、単にビジュアルが美しいだけでなく、丁寧に演技を作り上げ、繊細な表現ができるからこそ、オリジナルの魅力が溢れる作品になっています。

舞台人としての代表作とも言えるのが、2018年の幕開けを飾った「ポーの一族」。

トップスターが少年を演じるという宝塚の枠からはみ出た怪演で、少女漫画の世界観を表現しました。

普段は、終演後のごあいさつでも、インタビューでも、「ゆるふわ」な素顔がのぞきます。

明日海りお 仙名彩世
出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組公演 『仮面のロマネスク』『EXCITER!!2017』より「Exciter!!」など、オラオラ系のショーで観客のハートを撃ち抜いた後に、”みりお節”炸裂のごあいさつを聞く…そのギャップが、癖になってしまいます(笑)

そんな素顔の奥に秘められた”男役への熱い思い”が、明日海りおさんの輝きを一層際立てているのかもしれません。


1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

水美舞斗

花組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!