19,714 views

洗練された娘役芸に脱帽!花組トップ娘役・仙名彩世

2017年にトップ娘役に就任したのが、仙名彩世さん。94期の主席で、舞台上での安定したパフォーマンスに定評があります。

仙名彩世出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組『ポーの一族』よりトップ娘役というと、新人公演学年内で就任し、フレッシュさで組を率いることが多いポジション。

トップ娘役としての場数を踏む中で、一番成長を応援したくなるポジションとも言えます。

しかし、仙名彩世さんの場合は、娘役として完成された状態でのトップ娘役就任。

ですから、就任直後から感じるその安定感たるや、近年のトップ娘役でも群を抜いていると思います。

仙名彩世 明日海りお出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組『邪馬台国の風』『Santé!!』より情感溢れる歌声、正確なダンス、娘役としての洗練されたスカートさばき…タカラジェンヌとして、一人の女性として、立ち居振る舞いに見惚れてしまいます。

ファンも驚いた明日海りお・仙名彩世のトップコンビですが、それぞれ技術を磨いた2人が組むからこそ、安定感とアダルトな魅力が発揮されるのです。

圧倒的美とスターオーラで花組を担う2番手男役・柚香光

柚香光出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組『ポーの一族』より2018年、花組の新2番手として活躍が期待されている95期の柚香光さん。

3番手として組のポジションを担っていましたが、芹香斗亜さんの宙組異動に伴い、2番手になりました。

ダイナミックなスター性と、はつらつとしたダンス、繊細なお芝居が魅力です。さらに、2次元的な美しさはひときわ舞台で目を引きます。

2017年には、「はいからさんが通る」で東上初主演を飾り、大成功を納めました。

はいからさんが通る 柚香光出典:©Umeda Arts Theater Co.,Ltd. ©宝塚歌劇団 梅田芸術劇場 公式HP 宝塚歌劇 花組 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演 ミュージカル浪漫『はいからさんが通る』より歌唱力など、まだまだ伸びしろがあるジェンヌさんなので、今後のさらなる成長に注目です。

5月の博多座公演「あかねさす紫の花」では、明日海りおさんとの役替りに挑戦。

次の大劇場公演「MESSIAH / BEAUTIFUL GARDEN」では、2番手として初めてのショーに挑みます。スターとしての階段を登る柚香光さんに注目です!


1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

水美舞斗

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!