423 views

1995年に結成し、2002年に解散した「NUMBER GIRL」がこの度オリジナルメンバーで再結成し、2019年8月16日と17日に開催される野外ロックフェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」に出演することを発表しました。

向井秀徳(Vo, G)コメント

2018年初夏のある日、俺は酔っぱらっていた。そして、思った。
またヤツらとナンバーガールをライジングでヤりてえ、と。
あと、稼ぎてえ、とも考えた。俺は酔っぱらっていた。
俺は電話をした。久方ぶりに、ヤツらに。
そして、ヤることになった。
できれば何発かヤりたい。

17年ぶりの再結成の朗報に、ファンは感激しすぐさまTwitterのトレンド入り。今回はそんな「ナンバーガール」について、彼らのプロフィールを紹介します。

「NUMBER GIRL」メンバー紹介

向井秀徳


ボーカル、ギター担当。現在はZAZEN BOYS、KIMONOSでギター、ボーカル、キーボード担当として活動しているほか、向井秀徳アコースティック&エレクトリック名義でソロでも活動中。

田渕ひさ子


ギター担当。現在はLAMA 、bloodthirsty butchersでギター担当として、toddleでギター、ボーカル担当として活動している。

中尾憲太郎


ベース担当。現在は主にCrypt Cityや SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER、younGSounds、ART-SCHOOLのサポートメンバーでベースを担当、MASS OF THE FERMENTING DREGS、dry as dust、The SALOVERS、撃鉄、快速東京、THE GIRL、コンテンポラリーな生活等のプロデュースも行っている。

アヒト・イナザワ


ドラムス担当。ナンバーガール解散後は一時ZAZEN BOYSのドラムを経て、現在はVOLA & THE ORIENTAL MACHINEでギター、ボーカル担当として活動している。

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

Jpopの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!