今日からサク読み!トレタメアプリ


変幻自在な楽曲やサウンドによって、ヴィジュアル系シーンを走り続けているカメレオも、4周年を迎えました。

 

2011年の活動開始から、その歩みを止めることなく走り続けてきた彼らの原動力、そして魅力についてお話してみたいと思います。


カメレオのこれまでの活動・概要

前身バンドとなった「カル・ヴァリ」のメンバーが、一時的な活動休止を経て、新たに結成したバンドがカメレオです。

カメレオ

すでにバンドとしてまとまっており、多くのファンを獲得することができていたにも関わらず、より新しいをことをしたい、とメンバーで何度も話し合いを重ねた結果、現在のバンド名での再始動が決まりました。

 

そして、2011年、「試供品」と題したファーストデモCDの全国配布を行います。そして、同年の11月にはバンドの正式な始動を発表しました。それと同時に、すでに配布されていた、「試供品」をファーストデモアルバムとしてリリースしました。

 

翌年の1月に池袋で開催された初ライブを皮切りに、6月にはワンマンライブを成功させ、9月からはワンマンツアーを開催します。

 

多くの会場でチケットは完売し、はじめてのツアーは見事に大成功をおさめます。

 

2013年以降も毎年全国でライブを行い、なんと2015年には47都道府県48公演という大規模なワンマンツアーを実施し、これもまた大成功に終わりました。

 

2016年も音源のリリースやツアーなどが予定されており、これからさらなる活躍が期待されるバンドです。

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!