4Minuteヒョナのソロ活動とWonder Girlsの関係とは


4Minuteでは中心的な役割を示して来ています


Wonder Girlsは2007年2月10日に4人編成のガールズ・グループとしてスタートしました。事務所はJYP所属でテルミーソー・ホットのヒット曲で知られます。そして2009年には米国ビルボード・チャートでノー・ボディが100位以内にチャート・インし、これまでにない初めてのアーチストとしても知られています。

最近のヒット曲はライク・ディスビー・マイ・ベイビー、Aコンとのコラボのライク・マニーなどがあります。2007年にメンバーの1人ソヒが撮影中にバイク事故で負傷し、ヒョナも体調が優れず事務所側が活動不可能と判断して脱退したとされます。



Wonder Girls
<出典:www.kimchionnamatome.net >


4Minuteとヒョナの活動について



4Minuteとしての活動は2009年頃からで、ホット・イシュー、ヒュー、アイ・マイ・ミー・マイン、ミラー・ミラーなどのヒット曲を出す一方ソロ活動も好調で、2010年にはチェンジ、2011年にはバブル・ポップ、そしてデュエット曲のトラブル・メーカー、2012年にはグループとしてヴォリューム・アップが大ヒットしたり、2013年には再びデュエット曲のナウがヒットしています。最近では2015年のドリームコンサートではクレイジーやホワチューア・ネームなどでライブにも出演しています。



4Minute
<出典:www.atpress.ne.jp>



キム・ヒョナの来歴について


キム・ヒョナは1992年6月6日ソウル特別市で長女として生まれました。ダンスへの熱望が強くて小学生のころからダンス・スクールに通っていたとされています。JYPの公開オーディションに応募して合格を果たしワンダー・ガールズのメンバーになったとされています。

2007年の2月にザ・ワンダー・ビギンズでデビューし、パワフルなラップとダンスを行うことでムスタングというニックネームも付いていたようです。体調を崩したということについては習慣性の腸炎で入退院を繰り返していたようでその後4Minuteに移籍します。


ヒョナ
<出典:static.kstyle.com>




4Minuteヒョナの魅力とは


4Minuteのヒョナはグループ時代にはメンバーのうちでも控えめで余り記憶に残らないような存在でした。ところがビーストのチャン・ヒョンスンとのデュエットを組んだ当たりから俄然個性的となり、表情も変わり、声質も変化が見られるようになりました。そしてより大胆で目立つ存在になりかつ魅力的となりました。

タグ 4Minute
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!