今日からサク読み!トレタメアプリ


2016年1月16日・17日に行なわれた、人気男性声優・小野大輔さん初のソロライブin日本武道館、「Daisuke Ono LIVE 2016 Unlimited Door」。通称「Dライ」
小野大輔 武道館
この日を楽しみにしてきたファンが世界から集まり、多くの関係者も駆けつけ、ライブは大成功!そんなDライを、二日間のセットリストと共に振り返ってみましょう!

懐メロから最新曲まで!二日間のセトリ一覧

まず、二日間のセットリストは以下のとおり。
【()表示は17日公演でセットリストが変更になった曲】

登場曲:Key of the mirror
1:パノラマ・ミラー・ツアー
2:Mission D
3:Ride On Funky Night
4:DELIGHT
5:Distance
6:プルマ・シエロ
7:Lunar Maria
8:宇宙全時代Discotheque
9:Kiss Kiss Kiss
10:熱烈ANSWER
11:teardrops
12:雨音
13:Doors
14:カラフルレンズ
15:モノクロの虹
16:真夏のスピカ(キンモクセイ)
17:ヒーロー
18:ノスタルジア(Shinin' Days)
19:canvas
20:だいすき

小野大輔さんのデビュー曲と言っても過言ではないノスタルジアや、みんなで踊れる曲、最新曲である「ヒーロー」など、小野さんの多彩な表情が見られたセットリストとなりました。


ステージはD尽くし!気になる内容は?




ステージ中央に出現したドアから、まるで王子様のように颯爽と登場したオープニング。パノラマ・ミラー・ツアーで観客を「Dream」の世界へと誘います。そのままのテンションで会場を盛り上げ、最初のMCへ。

その後はラテンアレンジが加わり生まれ変わった「Lunar Maria」「プルマ・シエロ」で情熱的で「Dramatic」に。

バンドメンバーやダンサーによる素敵なショータイムの後は、「宇宙全時代Discotheque」から始まる「Disco」な「Dance」タイムへ突入!「Kiss Kiss Kiss」や「熱烈ANSWER」で会場を熱狂の渦へ!!

熱く盛り上がったあとはクールダウンし、雨をモチーフとした親しい誰かに送る「Dear」なステージ。「teardrops」から「雨音」の流れは会場から泣き声も聞こえました。

「Doors」からはラストスパート!人気の「真夏のスピカ」や「キンモクセイ」、小野さんの想いが詰まった最新曲「ヒーロー」でステージは一度幕を閉じます。

その後すぐに湧き上がるとんでもない熱量の「小野D」コールに答えてアンコールが開始!このライブでようやく完成したと語った「canvas」などを歌い、最後は「だいすき」で会場全員でダンス!笑顔で二日間のライブが終了しました。


1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!