21 views

演出・上村聡史、出演・戸次重幸、益岡徹による舞台「A・NUMBER」(ア・ナンバー)のメインビジュアルが公開されました。

「A・NUMBER」は、現代イギリスで最も偉大な劇作家・キャリル・チャーチルが手掛け、2002年にロンドン・ロイヤルコート・シアターで初演された話題作。マイケル・ガンボン、ダニエル・クレイブ、サム・シェパードら、数々の名優が演じ、2022年にローレンス・オリヴィエ賞のリバイバル部門にノミネートされるなど、初演から20年経ったいまも注目を浴び続けています。

この度公開されたメインビジュアルは、話の軸となるクローンの息子=バーナード役の戸次重幸と、真実を握る父・ソルター役の益岡徹、2人それぞれにフォーカス。個々の心境や思いが滲むような表情もまた印象を残す仕上がりとなっています。〈私は誰なのか。不条理なものと未来的なもの、普段、親しんでいるものが、突然、砕けちる時、人は何を思うのか〉――人間の尊厳と価値観を鋭く描きだした本作、約70分のなかに流れる濃密な時間にご期待ください。

「A・NUMBER」は、10月7日(金)~16日(日)の東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAを皮切りに、名古屋、仙台、札幌、兵庫にて上演。チケットは現在、各プレイガイドで抽選先行受付を実施中。

◆あらすじ

クローン技術が進み、人間のクローンを作ることも技術的には可能だが、法的にはグレーゾーンにあたる、そんな近未来の話。舞台は、自分が実はクローンだったと知った息子と、父の対話から始まる。父は、亡くなった実の息子を取り戻したくて医療機関に息子のクローンを作り出してもらったと言うが、実は医療機関のほうでは依頼者には黙って一人ではなく複数のクローンを作っていたらしい。

父親はなぜ、息子のクローンを作ったのか。自分がクローンだとわかった息子は、この先どうするのか。他のクローンたちは、どこでどうしているのか。

■公演概要

【公演名】「A・NUMBER」
【作】キャリル・チャーチル
【翻訳】浦辺千鶴
【演出】上村聡史
【出演】戸次重幸、益岡徹
【公式サイト】https://anumber2022.srptokyo.com/
【Twitter】@anumber2022
【企画制作】サンライズプロモーション東京

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 演劇・舞台

演劇・舞台の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!