7,624 views

99期生のホープ、月組男役の輝生かなでさん

実際の男性よりも男らしくてカッコ良く、そして美しい男役は今も昔も宝塚最大の魅力と言って良いでしょう。
輝生かなで
<出典:http://prcm.jp/>

ヅカファンの多くを虜にしている男役の中にあって、輝生かなでさんはトップスターを目指して着実に階段を駆け上がり続ける月組の新人男役です。

まだまだ新人で情報が少ない輝生かなでさんですが、ここまでのタカラジェンヌとしてのキャリアとプロフィールをまとめてみました。

 

■努力の人、輝生かなでさんのプロフィール

「あち」の愛称で親しまれている輝生かなでさんは、茨城県の出身です。中学校を卒業して2011年に宝塚音楽学校に入学します。

競争率が20倍にもなる狭き門の宝塚音楽学校、その入学のために輝生かなでさんは歌唱やダンス、バレエにとても真剣に取り組んでいたそうです。
99期生として2013年に宝塚歌劇団へ入団。同期には美園さくらさん、亜蓮冬馬さん、姫歌ひな乃さん、天乃きよらさんがいます。この中には、すでにおなじみの名前もありますね。
美園さくら 輝生かなで
<出典:http://prcm.jp/>

初舞台は、雪組公演『ベルサイユのばら』でした。宝塚の代表作が初舞台というところにも、どことなく大物の風格が漂う輝生かなでさんです。
その後組回りとなって、月組公演の『ルパン -ARSÈNE LUPIN-/Fantastic Energy!』に出演、そのまま月組に配属となりました。

 

■これまでの出演舞台には、重要作も


まだ新人の域にある輝生かなでさんですから、出演した舞台の数は多くありません。
輝生かなで
<出典:lineq.jp>

ですがこれまでの出演舞台を見ると、宝塚歌劇団100周年記念公演『宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花特集100!!』『風と共に去りぬ』といった重要な作品に出ていることに気づきます。
数ある舞台の中で重要作品に選ばれているところにも、やはり漂う大物の風格。

 

■男役に必要なものをしっかり備えた才能溢れるタカラジェンヌ

170cmのスラリとした長身と、キリリとした目元の凛々しさは、輝生かなでさんのチャームポイントです。まさに男役としての活躍に必要な武器をしっかりと備えた輝生かなでさんには、すでにヅカファンからの注目度も上昇中です。

99期生の本格的な活躍は、まだまだ始まったばかり。その波に乗って、輝生かなでさんのお姿を見ることが増えていくことでしょう♪

カテゴリー
タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!