29,061 views

2番手期間の長さは紅ゆずるの強み

紅ゆずるさんが星組の2番手に就任したのは2012年(「ダンサ セレナータ / Cerebrity」で、涼紫央さんの退団を受け)。

そこから2016年のトップスター就任まで、非常に長く2番手期間を経験しています。
紅ゆずる
出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ
TCAピクチャーズ 星組『黒豹の如く』『Dear DIAMOND!!』より

他のトップスターの中には、珠城りょうさんや朝夏まなとさんのように、明確な2番手期間がかなり短い方もいるので、紅ゆずるさんの来歴は珍しいといえます。

星組生まれ、星組育ち。
だからこそ、柚希礼音さんの後を継いでトップスターに…と予想していた方も多かったはず。

特に、2014年には「風と共に去りぬ」にて全国ツアーの主演も果たしていましたから。ただ、体調不良でイベント等をお休みすることも続いていたので、不安視する声もあったのは事実です。
風と共に去りぬ 星組
出典:©宝塚歌劇団 公式HP
星組公演『風と共に去りぬ』より

結果として、北翔海莉さんのもとで2番手を務めることになりますが、その経験は「紅ゆずるさんの強みとなったのでは?」と思います。

なぜなら、宝塚において「2番手」が一番美味しいポジションだと言えるから。
紅ゆずる
出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ
TCAピクチャーズ 星組星組『ガイズ&ドールズ』より

どうしても、トップスターは「主人公」なので、役柄の幅は限られてしまいます。しかし、2番手は悪役、恋敵、仲間…などさまざまなポジションを舞台で経験することができるのです。

紅ゆずるさんも、2番手時代に従者・敵役・親友・後に裏切る部下など、コミカルな役からシリアスな役まで経験。

その役柄の幅広さが、紅ゆずるという舞台人の厚みにつながっていると言えます。

1 2 3 4>>

2 / 4

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 宝塚歌劇団星組紅ゆずる

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!