2,349 views

これで達成!ゴルフでスコア100を切るための最も簡単な方法はこれだ!

どう頑張っても「スコア100が切れないんです」という方、ご安心ください。100を切るための簡単な方法を伝授いたします。

色々と試行錯誤してきましたが、ゴルフトップアマの方から教わったことを実践することで、100切りを達成することが可能になりました。その方法をお伝えしていきたいと思います。

ゴルフ <出典:diamond.jp>


ティーショットは、このように考えよう!!

ティーショットでは、OBを出さないことです。つまり、MAXでスイングをしなくてもよいということです。

とにかく「飛ばそう、飛ばそう」として、しっかりと振ることしか考えていない人が多いのです。その結果は、言うまでもありませんが、右に左にOBの嵐となります。ゴルフで一番やってはいけないミスがOBです。打ってもいない打数が2つも足されてしまうからです。

本当にもったいないですよね?

とにかく飛距離ではなく、方向性。飛距離ではなく、方向性だと心に刻んでみてください。同組で飛ばす方がいると、つい力が入ってしまうこともあるかもしれませんが、とにかく方向性重視です。

ゴルフ・ティーショット <出典:golfee.jp>



セカンドショットでは、このように考えよう!!


ティーショットでなんとかOBを出さずに済んでも、セカンドショットでOBを出してしまってはいけません。ここでもとにかく方向が大事です。

そして、グリーン周りをよく観察してみてください。ホールによって違うかと思いますが、グリーンの奥へいくほど狭くなっているものです。従って、距離が大きければその分、OBの確率が高くなるということです。ですから、基本は奥へいくよりかは手前、短くてOKです。

自分の打てる距離で、グリーンに届くのであれば狙ってもいいのですが、届かなければ決して無理をせず、手前からでいいと心に刻んでください。

ゴルフ・セカンドショット <出典:blog.secret-golf.com>



アプローチでは、このように考える!!

アプローチが苦手なんだという方は、比較的多いのではないでしょうか。しかし、コツをつかんでしまえば、意外と簡単なのです。

アプローチでとても大事なことは、「寄せようと思うのでなく、のせる」です。寄せようと寄せようと意識するから、力が入って、自分のイメージした距離、方向がでないことにつながります。

そして、グリーン周りのアプローチでは、ボールを上げようとしてしまう方が多いようです。特にゴルフを始めたばかりだと、格好いいというイメージを持ってしまい、上げて寄せようとする傾向にあります。しかし、シングルハンデの方はほとんどといっていいほど、みな転がして寄せます。上げると、どれだけ転がるかイメージが難しいし、転がす方がカップに入る可能性も高いです。また、転がりでラインを見ることもできます。

このように、アプローチで大事なことは、「寄せるのではなく、のせる」です。

ゴルフ・アプローチ <出典:golfhikyoriswingup.seesaa.net>


パターでは、このように考える!!

最後にパターですが、「入れるのではなく、寄せる」と考え、3パットだけはしないように意識しましょう。

ゴルフ・パター <出典:www.golf-stick.com>

そして最後に、ダブルボギーをパーと考え、ボギーはバーディとして考えることがミソです。是非お試しください。


カテゴリー
タグ ゴルフ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スポーツの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!