今日からサク読み!トレタメアプリ


様々のアーティストとのコラボ曲などで特に若い世代からの人気を博している男女2人組ユニット”MAY’S”。
今回は、そんな彼女たちの詳しいプロフィールや人気曲、オススメのアルバムなどについてご紹介していきます!


MAY'Sとは

MAY'S出典:© MAY’S CO., LTD. MAY'S official Twitter より

まずはMAY'Sとは一体どんなユニットなのかお伝えしていきます。

2002年、メンバー2人共に音楽の専門学校在学中に”May’s”というユニット名で結成。
後に「なんとなく」といった気分的な理由から現在の大文字表記の”MAY’S”に変更したそうです。
2年後の2004年に活動を本格化させると、およそ1年ほどという短期間でインディーズデビューを果たし、2008年には待望のメジャーデビュー。

その後、自身の曲のリリースと同時に各方面の様々なアーティストとのコラボ曲も発信していき、人の素直な心の内をさらけ出した歌詞が若い世代から絶大な支持を受けるようになりました。

ちなみに、ユニット名はメンバー2人共が5月生まれだからという理由からつけたそうで、「ユニットを組もう!」となってから即決まりしたユニット名なんだとか。
そういったラフなスタイルと自分たちに素直な姿が人々の注目を集める理由の一つかもしれませんね!


MAY'Sの年齢は?プロフィール紹介


片桐舞子

片桐舞子出典:© MAY’S CO., LTD. 片桐舞子 official Twitter より
MAY’Sのボーカリスト。
1982年5月31日生まれの36歳。(2018年9月現在)
群馬県桐生市の片桐会片桐流民謡の家元に生まれ育ち、幼少の頃から本格的に音楽に触れる生活を送ります。
その民謡の実力は相当なものであり、全国大会に出場した経歴もあります。

民謡をベースとしながらも、J-POPやR&B、さらにはロックといった幅広い音楽ジャンルをこなす天性の才能の持ち主。

業界でも男女共に交流のある人物が多く、女性らしい柔らかい物腰と人懐っこい性格が特徴です。
しかしその反面、同ユニット河井純一の影響を受け、バイクの免許をマニュアルで取得するほどのアクティブさも兼ね揃えています。

DREAMS COME TRUEを非常にリスペクトしていて、「自分の音楽の原点はドリカム」と述べるほどだそうです。



河井純一

河井純一出典:© MAY’S CO., LTD. 河井純一 official Twitter より
MAY’Sのプロデューサー兼トラックメイカー。
1982年5月7日生まれの36歳。(2018年9月現在)
親の影響により、幼い頃から山下達郎などのシティ・ポップスを聴いて育ち、中学生の頃からギターや作詞作曲を独学で始めます。

後に地元の友人とロックバンドを始め、これがミュージシャン河井純一の原点になったようです。
専門学生時代に片桐舞子とMAY’Sを結成してから一気に音楽活動を本格化させ、他のアーティストへの楽曲
(情報元:ウィキペディア)
提供やリミックスなど活動範囲を広げていきます。

更にはHPやCDジャケット、広告のデザインなども手がけ、音楽だけでなくその芸術的センスも光るマルチな才能の持ち主。
趣味はカメラだそうで、MAY’SのアルバムのCDジャケットの写真の中には彼が自ら撮影したものも多いようです。

1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード ポップス音楽MAY'S

ポップスの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!