5,321 views

Mステ出演で話題に!Aimer(エメ)の人気曲ランキング!

先日の「ミュージックステーション」に出演し話題になったシンガーソングライター・Aimer(エメ)。

ONEOKROCKのTakaさんやRADWIMPSの野田洋次郎さんをはじめ、スキマスイッチやハナレグミなど大物アーティストがこぞって楽曲を提供する彼女の魅力。それは彼女の持つ唯一無二のその歌声。

幼いころから音楽とともに育ったが故に、酷使してしまった声帯…未だ完治していないもののその歌声は、他の誰にもない彼女だけのものです。

今回はそんなAimerの魅力がたっぷり詰まった人気楽曲をランキング形式でご紹介していきます。

5位・ポラリス

第5位は、2013年11月20日にリリースされたミニアルバム『After Dark』に収録されている「ポラリス」。



アルバムのリード曲になっているこの楽曲は、幻想的でノスタルジックなサウンドでありながら力強い歌詞が印象的です。

君はまるではじめから
“愛されること”ができないみたいだ


「そうやって生きてきた僕は一人だ…」
そんなこと もう言わせない




タイトルのポラリスはそのまま"北極星"を意味していて、この北極星が昔、自分の居場所やこれから向かう方向が正しいかを確認するために使われていたことから、「この曲を通して誰かのポラリスになれたら」という気持ちを込めて作詞したそうです。

4位・寂しくて眠れない夜は

第4位は2011年12月14日にリリースされた2ndシングル『Re:pray/寂しくて眠れない夜は』から「寂しくて眠れない夜は」



誰よりもキミを想う強さだけは
負けないのに
いつも"ひとりだ"って気付いて
また負けそうになる
こんな弱さを許してほしい



二度と戻らない温もりや失ったとわかったものを探してしまう不器用な心を歌詞に込めたこの楽曲。聴く人に"孤独"や"寂しさ"といった感情を揺さぶってくるけれど、優しく寄り添ってくれるような温かさも感じます。







3位・StarRingChild

第3位は2014年5月21日にリリースされた6thシングル『StarRingChild』。



遠ざかるあの日の約束も
色褪せてしまえばすり替えられる


なぞらえた答えなんてここに必要ないから
1秒に見えた世界を 次へ





サウンドクリエイターの澤野弘之さんが手掛けたこの楽曲は大人になって成長したからこそ感じる子供の頃への焦燥感や幼いままでいられない寂しさを真っ直ぐに伝える歌詞がやはり印象的です。

アニメ「機動戦士ガンダムUC RE:0096」では最終回特別ED楽曲としてこの曲が使用され、ガンダムファンを唸らせました!

2位・蝶々結び

第2位は2016年8月17日にリリースされた11thシングル『蝶々結び』。



結ばれたんじゃなく結んだんだ
二人で「せーの」で引っ張ったんだ


結んだつもりが ほどいていたり
緩めたつもりが 締めていたり




RADWIMPSの野田洋次郎さんが楽曲提供したこの楽曲は、人と人との出会いを蝶々結びになぞらえるという野田洋次郎さんらしい言葉選びと歌詞。野田さんはAimerさんのCDを偶然耳にして、「声だけでこの人好きだなと思ってしまった」と語っています。元々野田さんが温めていた楽曲でしたがAimerの世界観ともぴったりですね!

1位・六等星の夜

第1位は2011年9月7日にリリースされた1stシングル『六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR』から「六等星の夜」。



戻らない過去に泣いたことでさえ
生まれ変わって明日をきっと照らしてくれる


こんなちいさな星座なのに
ココにいたこと 気づいてくれてありがとう





フジテレビ系「ノイタミナ」枠で放送されたアニメ「NO.6」のED楽曲として使用されAimerに注目が集まるきっかけになったといえる楽曲。歌詞には「意識的に真逆の意味を持つ言葉達をたくさん閉じ込めている」と語っていて、哀しい曲でも幸せを歌った曲でもないこの曲を聴く人、受けとる人によって意味が異なるような1曲です。



Aimer最新シングルは「夏目友人帳 伍」EDテーマに

11月2日には両A面シングル「茜さす / everlasting snow」をリリース。この楽曲は人気アニメの続編シリーズ「夏目友人帳 伍」のエンディングテーマに使用されています。

Aimer <出典:natalie.mu>

Aimerの持つ不思議な魅力。

それは誰しもが胸に抱える"孤独"や"寂しさ"に差し伸ばされる優しい手のような温かさではないでしょうか。



2016年9月21日にリリースされたアルバム『daydream』では、「Aimerの世界観を壊す」というコンセプトのもと様々なアーティストたちが集結しました。

"Aimerの世界を壊す楽曲を、Aimerの声で歌うことでAimerの曲に"

多くのアーティストから愛され、切望されるその歌声はもはや魔力とも言えるような強い力を持っていて、どんな楽曲でもAimerという世界観に引き込んでしまいます。


デビューから5年、これから彼女がどんな物語を紡いでいくのか楽しみですね。

カテゴリー
タグ Aimer
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!