今日からサク読み!トレタメアプリ


初の武道館ライブで大成功をおさめたシンガーソングライター・Aimer(エメ)さん。劇場アニメ『Fate/stay night [Heaven's Feel]』の主題歌「花の唄」でも話題になっています。

ONEOKROCKのTakaさんやRADWIMPSの野田洋次郎さんをはじめ、スキマスイッチやハナレグミなど大物アーティストがこぞって楽曲を提供するAimerさん。彼女の魅力は、その唯一無二の歌声です。

幼いころから音楽とともに育ったが故に、酷使してしまった声帯…未だ完治していないもののその歌声は、他の誰にもない彼女だけのものです。

今回はそんなAimerの魅力がたっぷり詰まった人気楽曲をランキング形式でご紹介していきます。

10位「ポラリス」

第10位は、2013年11月20日にリリースされたミニアルバム『After Dark』に収録されている「ポラリス」。


出典:©Aimer Official YouTube Channel Aimer『ポラリス』 より

アルバムのリード曲になっているこの楽曲は、幻想的でノスタルジックなサウンドでありながら力強い歌詞が印象的です。

君はまるではじめから
“愛されること”ができないみたいだ

「そうやって生きてきた僕は一人だ…」
そんなこと もう言わせない

(「ポラリス」より)


出典:©Twitter(@takaiu_u6y)より

出典:©Twitter(@spoon329)より

タイトルのポラリスはそのまま"北極星"を意味していて、この北極星が昔、自分の居場所やこれから向かう方向が正しいかを確認するために使われていたことから、「この曲を通して誰かのポラリスになれたら」という気持ちを込めて作詞したそうです。

9位「RE:I AM」

第9位は、2013年3月20日にリリースされた5thシングル『RE:I AM EP』から「RE:I AM」。


出典:©Aimer Official YouTube Channel Aimer 『「RE:I AM EP」DIGEST』より

投げ捨てられる正しさなら
消える事ない間違いの方がいい

臆病に隠してた声を今
この手でもう一度さらせば良い

(「RE:I AN」より)


出典:©Twitter(@xxx_tomolysis)より

タイトルが「Aimer」のアナグラム(文字の並び替え)になっている「RE:I AM」。『進撃の巨人』の音楽などで知られる澤野弘之さんが作詞・作曲・編曲を担当しています。

Aimerさんといえば美しいバラード。あまりロック調の曲は歌ったことがなく、Aimerさんにとっても新しい挑戦だったようです。

8位「カタオモイ」

第8位は、2016年9月21日にリリースされた4thアルバム『daydream』から「カタオモイ」。


出典:©Aimer Official YouTube Channel Aimer 『カタオモイ』※内澤崇仁(androp)楽曲提供・プロデュースより

例えば君の顔に昔よりシワが増えても
それでもいいんだ

僕がギターを思うように弾けなくなっても
心の唄は君で溢れているよ

(「カタオモイ」より)


出典:©Twitter(@mizuki12349)より

andropの内澤崇仁さんから提供された楽曲で、Aimerさんにとっては少し珍しいストレートなラブソング。ポップで軽快なサウンドも、Aimerさんのハスキーな歌声と最高に相性が良く、聴いていると心の底から癒されます!弾き語りなどでカバーする人も多いようですね。


1 2 3 4>>

1 / 4

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード ポップス音楽Aimer

ポップスの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!