今日からサク読み!トレタメアプリ


AKB48はメンバーだけでなく、裏側でグループを支えているスタッフも顔出しすることが多く、その中でも知名度が高いのが衣装担当のファンの間ではおなじみ「しのぶ」こと茅野しのぶさん。

茅野しのぶ

彼女はどのような経緯でAKBの衣装を手掛けることになったのか、ここでは彼女の経歴を紹介します。

自ら衣装担当を志願!


茅野しのぶ

茅野しのぶさんがAKBの衣装を担当することとなったのは2005年、当時23歳の頃です。元々アイドルの衣装のスタイリストのアシスタントを務めており、AKB発足の話を聞いた時に自ら秋元康氏に衣装を売り込みに行って見事採用されることとなりました。

1982年生まれで比較的メンバーと年齢の近いスタッフであり、そのようなこともあってメンバーのお姉さん的存在でもあり、スタッフの中でもメンバーとの距離が近く、「しのぶ」「しのぶさん」と呼ばれています。




1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

48グループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!