トレタメ記事内画像について


1,694 views

idol_05

【毎月第2日曜】開催!アキバアイドルフェスティバルってどんなイベント?

アキバアイドルフェスティバルは、「アキバ最大級のアイドルイベント【毎月第2日曜】開催!」と銘打ち、毎月開催される、次のアイドルを応援するイベントです。2015年5月のフェスティバルでは5会場に2400人を動員しました。

アイドルアキバフェスティバル

2014年にスタートしたアキバ千円から進化したフェスティバル

2014年4月6日に次のアイドルを応援するイベントとして開催された第一回アキバ千円は、入場料千円から名づけられたイベントです。初回から2会場37組のアイドルを迎え好評のうちに終了しました。その後、毎月開かれた全6回イベントに加え、番外編として2回のイベントが開かれましたが、10月に予定していた第7回は運営会社との協議の結果、開催されず、別の形でスタートすると告知をしてアキバ千円は幕を閉じました。

2014年10月12日に、あらためてスタートしたのが、アキバアイドルフェスティバル(AIF)になります。会場は3会場に増えましたが、入場料1000円は変わらず、2086人の来場者を迎えることができました。

アキバイドルフェスティバル


拡大するアキバアイドルフェスティバル


アキバアイドルフェスティバルはその後も拡大を続け、Vol.5(2015年2月8日開催)では4会場、Vol.7(2014年4月12日開催)では5会場とイベント会場数を増やしています。また、出演アイドルも、前身のアキバ千円Vol.1が37組の出演でしたが、Vol.8では100組以上が出演します。

現在、アキバアイドルフェスティバルが「アキバ最大級のアイドルイベント【毎月第2日曜】開催!」と銘打ち月に1回の開催を行っていますが、2015年4月からは、さらに姉妹イベントとして、アキバアイドルフェスティバルネオ(AIF-NEO)が開催されました。こちらは、観客による投票方式をとり、30ポイント以上を取ると、AIFのステージ出場権を手にするというものです。

アキバアイドルフェスティバル



全国で展開するアイドルフェスティバル

アキバアイドルフェスティバルは秋葉原における定番のイベントへと成長しましたが、現在、他の地域の運営会社と組みながら、様々なイベントを開催しています。2015年4月19日に、ベイサイドヨコハマで開催された「横浜アイドルフェスティバル」もその一つです。

また、全国的にアイドルフェスティバルの潮流は広がっており、「東京アイドルフェスティバル」「北陸アイドルフェスティバル」「京都アイドルフェスティバル」「ミナミアイドルフェスティバル」とメジャー、マイナーを問わず様々なアイドルフェスティバルが開催され、好評を博しています。

東京アイドルフェスティバル


そしてアイドルの時代は続く

アイドルは最近では町おこしの起爆剤としても注目されるようになりました。次々と新しいアイドルが新しい切り口で登場し見る人を飽きさせない状況は、今後も続くアイドルの時代を予感させます。そんな中、次のアイドルを見つけ、応援することができるイベントがアキバアイドルフェスティバルです。

この記事をみんなにシェアする

アイドルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!