68,955 views

聖乃あすか

2017年は要チェック♪活躍が期待される男役はこの人たち!!

2016年も宝塚歌劇では各組、さまざまな若手スターが活躍の場をみせてくれました。


今回は2017年に飛躍しそうな若手男役スターをピックアップ!!


もしかすると来年あたり新人公演主演を勝ち取るくらいの有望株がこの中にいるかも?


組ファンが台頭を待ち遠しく待っている彼女たちの経歴を簡単に紹介していきます。



星組・碧海さりお(あおみ さりお)さん


碧海さりお <出典:kageki.hankyu.co.jp>

2015年「1789~バスティーユの恋人たち~」にて入団の101期生。石川県金沢市出身。

研2にして星組新人公演「こうもり」で、当時三番手スターである礼真琴さんの役アルフレートを射止め、その歌唱力の高さを観客に証明しています。


歌唱力の上に大きな演技力が身に付けば舞台での存在感がさらに増すことでしょう。



宙組・鷹翔千空(たかと ちあき)さん


鷹翔千空 <出典:kageki.hankyu.co.jp>

鷹翔さんは2015年入団の101期生の首席の生徒です。出身地は滋賀県草津市。


2016年には歌劇団からとりわけ推されているジェンヌが登場することで知られている阪急電鉄の初詣ポスターモデルにも起用されています。


彼女が本格的に舞台で大きな役を勝ち取ったのが「エリザベート」新人公演。

悲劇の皇太子ルドルフを演じ、その端正な顔と高い身長が目をひく容姿で注目を集めました。


タカラジェンヌになりたいと思ったきっかけは、同郷である安蘭けいさん主演の2008年星組公演「The Scarlet Pimpernel」を観劇してからだそう。






花組・聖乃あすか(せいの あすか)


聖乃あすか <出典:kageki.hankyu.co.jp>

2014年「宝塚おどり」にて入団の100期生。神奈川県横浜市出身。

音楽学校入学以前はモデルをしていたことと入学当初からその目立つ容姿から、早くに注目されていたのが彼女です。


演じてみたい役は「ベルサイユのばら」のオスカルと「うたかたの恋」のルドルフ。


宝塚の男役なら誰もが憧れる役です。

「ミー&マイガール」新人公演では、貴族の御曹司ジェラルドとその恋人で勝気な娘ジャッキーという異例の役替わりを見事にこなしていました。



花組・帆純まひろ(ほずみ まひろ)


帆純まひろ <出典:kageki.hankyu.co.jp>

2011年入団の99期生。兵庫県西宮市出身。

聖乃さんと同じ花組に配属。

「ミー&マイガール」新人公演では聖乃さんと同じ役ふたつをしかも男女それぞれの役替わりで演じました。


宝塚歌劇では昔から若手男役スターは同期や近い期でのコンビ売りをするケースがみられ、帆純さんと聖乃さんもふたりのコンビもこれから人気はさらに高まりそうです。


順調に役付きを上げてきていて、最新の公演「金色の砂漠」ではテオドロス(本役:柚香光)キザともとれるイケメン王子の役を演じました。


歌の力も上がっていて、そこに舞台全体を見渡す力量が加わればさらに活躍の場が広がりそうです。



月組・礼華はる(れいか はる)


礼華はる <出典:kageki.hankyu.co.jp>

101期生。東京都文京区出身。

彼女はこれまでは舞台で目立った活躍はありませんでしたが、2017年月組大劇場公演「グランドホテル」で主要な役のひとつエリック・ルトナウアーに抜擢。


エリックは出番は多くありませんが終盤の物語の締めを担うことになりますから、ある意味重責です。


トップスターが代わり、新体制となった月組でかちとった大きな役にこれからどう挑戦するかが楽しみなひとり。


宝塚という舞台でこれから咲く様子を見届けたいですね。






雪組・彩海せら(あやみ せら)


彩海せら <出典:kageki.hankyu.co.jp>

2016年「THE ENTERTAINER!」にて入団の102期生。鹿児島県出身。

まだ研1でありながら大劇場公演「ケイレブハント」でトレバー(本役:縣千)に抜擢されました。


得意なことはジブリッシュ(演劇的手法)だそうで、これは聴き慣れない言葉ですが演劇では舞台上で、感情や動作を、自由に、豊かに表現する稽古として、でたらめな言葉を喋る即興劇としての練習のことをいいます。


雪組は他組と比較して、スター格となる男役が多い印象ですが彩海さんがどんな風に個性をみせてくれるのかに注目です。



雪組・縣 千(あがた せん)


縣 千 <出典:kageki.hankyu.co.jp>

101期生。京都府宇治市出身。

研1であった時の雪組大劇場公演「るろうに剣心」本公演では、原作で数ある名場面中でももっとも印象深いといわれている抜刀斎に切り殺される運命の清里を演じました。


同新人公演ではキャラクターが正反対の蒼紫を演じ同期の中でもいち早く注目を集めた実績があります。


「私立探偵ケイレブハント」ではうってかわって不良あがりの探偵事務所の雑用として台詞は少ないながら存在感をみせています。


同新人公演では三番手である彩風咲奈さんの役カズノ・ハマーを演じこれから楽しみな若手の筆頭といわれています。



若手を知ればその組がわかる!?


各組でこの先も大きな役を貰うと目されている要チェック男役スターを厳選してみました。

宝塚の特に贔屓にしている組があるファンなら、「その他の組のことはいまいちよくわからない…若手は特に」なんてひとも多いかもしれません。


そんな時はこれまで挙げてきたスターから入ってみてはいかかでしょう?

きっと観劇の楽しみが増えるはずです♪


著者:seikacat

この記事をみんなにシェアする

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!