トレタメ記事内画像について


6,154 views

AKBグループを超え、アイドル界の異端児として突き進む!木下百花とは一体何者!?

綺麗で可愛いメンバーが多数いるNMB48の中で、その発言や髪型で一際異彩を放っているのが木下百花です。

木下百花

アイドルとしての既成概念を積極的にぶち壊そうとしている彼女は一体何者なのか、以下に見ていく事にしましょう。

アイドルらしからぬ経歴の持ち主である木下百花

2010年、NMB48研究生オーディションに合格した木下百花は、2年後に早くも正規メンバーに昇格しました。同年にシングルの選抜入りも果たし、順風満帆なアイドル人生を送ります。

一方で、デビュー前は引きこもりでアイドルなど大嫌いだった彼女。母親が内緒でオーディションに応募して合格したいきさつがあったのです。

始めはアイドルらしく振る舞っていたものの、ガマンが利かなくなったのか、徐々に素の自分を全開にしていきます。

木下百花

そのユニークな発言や奇抜な髪色で周囲の度肝をぬくのはもちろん、公式ブログでは時おり暴走気味な文章を書いて、ファンからの反響コメントもメンバーの中でダントツに多いものとなっています。


個性が発揮されている数々の発言を紹介。異端児ぶりを見せつける木下百花


次に、木下百花の個性的な発言の数々を見ていきましょう。

AKBグループ内では、各メンバーにアイドルらしい可愛いあだ名がつけられますが、彼女は「きのした」と、苗字そのもので呼んでほしいと希望。

理由を聞かれると

「ぶりっ子きらいなんで」「大人の支配から逃れたくて」と発言。

お笑い芸人から思わず「お前は尾崎豊か!」と突っ込まれました。

また、個別インタビューの時も思わず絶句するようなコメントを残しています。

「将来はニートになる」「挑戦してみたいことは通りすがりの女性のお尻にタッチすること」「やがて世界征服をしてみたい」。

まさに自由奔放な彼女の個性がこれらの発言で発揮されているといえます。

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

1 件のコメント

  • 匿名 より:

    NMBに入ってチームNに入れず今のような救済措置もガス抜きも一切なく、正規メンや選抜メンとあからさまな扱いの差をつけられた、本当の意味で長く辛い研究生生活。
    そこから選抜に入ったのは良かったけど、足のケガで休みがちになり1ヶ月の休養。
    順風満帆じゃねえよ。

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 48グループアイドルNMB48

この記事を見た人はこんな記事も見ています

48グループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!