トレタメ記事内画像について


7,396 views

早くも萌え報告が続出!朝夏まなとさんのお披露目公演「王家に捧ぐ歌」レポート

2015年6月5日から7月13日までは宝塚大劇場での公演で大成功を収め、7月31日から8月30日までは東京宝塚劇場で公演された宙組公演「王家に捧ぐ歌」
王家に捧ぐ歌

宙組の新しいトップスター、朝夏まなとさんのお披露目公演というメモリアルな舞台だけに公演前から大注目でしたが、噂通りの内容で早くも萌え報告が続出中!

そんな「王家に捧ぐ歌」の内容と見どころをお届けしましょう!

 

■古代エジプトが舞台の悲恋を演じる宙組の新トップコンビ




イタリアの超有名なオペラ「アイーダ」を宝塚流にアレンジしたことで知られるこの作品、2003年には星組が見事な舞台を魅せてくれて好評となりました。
王家に捧ぐ歌

古代エジプトを舞台に敵対する将校と王女の悲しくもはかないラブストーリーは、許されない恋、決して成就しない恋という舞台萌えの要素をバッチリ備えた傑作です。

この当事者であるエジプト軍のラダメス将軍と、敵対するエチオピアの王女アイーダ、この2人を演じきることが舞台成功の重要すぎるポイントですが、そのキャスティングが素晴らしい!

ラダメス将軍にはもちろん、宙組の新たなトップスター朝夏まなとさん。
朝夏まなと

そしてアイーダにももちろん、宙組のトップ娘役・実咲凜音さんが配役されました。
実咲凜音

宙組の新トップコンビがそろい踏みということで、早くも「オイシイとこ取り」の噂が流れました。

 

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!