Apinkの歌姫ことチョン・ウンジのソロデビューアルバムが絶好調

韓国の人気女性アイドルグループのApink(エーピンク)に所属するチョン・ウンジさんは、2016年4月に初のソロアルバムをリリースしました。

チョン・ウンジ <出典:http://www.speconomy.com/news/articleView.html?idxno=67328>
Apinkでメインボーカルを務める彼女は、持ち前の歌唱力を存分に発揮し、シンガーソングライターとしての力量を私たちに垣間見せてくれます。


今回は、そんなチョン・ウンジさんのプロフィールと魅力に迫ります。彼女の歌唱力とは一体どれほどのものでしょうか。そして、ソロデビューアルバムを聞いたファンの反応は? 韓流ファン必見の情報をお伝えします。

◆チョン・ウンジさんのプロフィール

チョン・ウンジ <出典:http://matome.naver.jp/odai/2136904115753278001/2142190913974688303>
チョン・ウンジさんは、1993年8月18日生まれの韓国人アイドルです。ボーカルトレーナーを夢見ていたウンジさんは、2010年11月からApinkのメンバーに加わりました。

他のメンバーよりも一歩遅れての加入となりましたが、彼女はそのようなハンディキャップを一切感じさせることなく、一気にメインボーカルへと躍り出ます。

彼女の活躍は、アイドルとしての活動のみに留まりません。ウンジさんは、2012年に韓国で放送されたドラマ「応答せよ1997」で、釜山の女子高生ソン・シウォン役を演じ、ナチュラルな演技で好評を得ました。

その後、「LEGALLY BLONDE」をはじめとしたミュージカルへの出演や、「Saving Santa」というアニメーション映画の吹き替え音声でシャイニー役を担当するなど、活動の幅を広げています。


チョン・ウンジ <出典:http://matome.naver.jp/odai/2136904115753278001/2144179121674307303>
それから彼女は、Apinkのメインボーカルを務めながらも、その一方で女性シンガーソングライターとしてソロデビューを飾ることになりました。

今回の抜擢により、アイドルとしてのチョン・ウンジとはまた違った側面の彼女の魅力を発信することができるでしょう。Apinkファンのみなさんはもちろん、これまでに彼女の歌を聞いたことのない方も、ぜひウンジさんの今後に注目してみてください。




◆アイドルの域を超えた歌唱力

チョン・ウンジ <出典:http://matome.naver.jp/odai/2136904115753278001/2143708629301143303>
チョン・ウンジさんの歌声は、ソロアルバムを発表する前から注目を集めていました。

2012年には、ドラマ「応答せよ1997」の劇中歌である「All For You」や「私たちの愛、このまま」を歌い上げ、アイドルグループのメインボーカルという肩書を超えた歌声を披露しています。

その後も、ドラマ「スリーデイズ~愛と正義~」で歌った「あなたなんです」をヒットさせるなど、アイドルではなくひとりの歌手としての力を着々と見せつけてきました。

彼女がとりわけ歌唱力で世の中を騒がせたのは、2015年6月の「覆面歌王」というバラエティ番組への出演時です。

チョン・ウンジ <出典:http://contents2.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=200880>
「覆面歌王」とは、仮面や覆面で素顔を隠したヴォーカリストたちがステージ上で歌い、その歌声を競い合う番組。チョン・ウンジはこの「覆面歌王」に顔を隠して登場し、その美声を存分に発揮しました。

残念ながら、彼女はその後のバトルで、歌王“化学兵器室クレオパトラ”に敗れてしまいました。しかし、番組を見ていた視聴者からは、数多くのウンジの歌声を称賛する声が集まったそうです。

勝負の行方は芳しくなかったものの、この「仮面歌王」への出演は、彼女をアイドルグループApinkの一員としてのチョン・ウンジではなく、歌姫チョン・ウンジとして世間に知らしめる結果となりました。




◆ソロアルバム「DREAM」は大好評!

チョン・ウンジ <出典:http://www.diodeo.com/news/view/1547254>

そんなチョン・ウンジさんのソロアルバム「DREAM」は、予約の時点で3万枚を完売し、その後2万枚を追加注文するほどの売れ行き。



このアルバムのタイトル曲は、チョン・ウンジさん自らが作詞作曲に参加した楽曲です。これには、日本の韓流ファンからも、「ウンジ、おめでとう!」「ソロでの不安もある中、こんな結果を残してすごい!」との反応が続々とあがっています。

男性アイドルの人気が強い韓国アイドル界で、女性アイドルのソロアルバムにこれほどの勢いがみられるのは、まさに彼女の歌唱力あってこそだと言えるでしょう。


今回は、Apinkのメインボーカルであるチョン・ウンジさんについてお伝えしました。抜群の歌唱力を持つウンジさんを、あなたも応援してみませんか。

タグ Apink
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!