今日からサク読み!トレタメアプリ


皆さんは今人気急上昇中のバンドが多数在籍するヴィジュアル系バンド事務所「Ains」をご存知ですか?

近年のポップ化されたヴィジュアル系シーンで、もともとヴィジュアル系バンドが持っている硬派なイメージを追及し、所属するバンドのライブはチケット完売が続出するなど今話題になっている音楽事務所なんです。

アーティストのマネジメントやグッズ展開はもちろん、スマートフォン向けのオフィシャルファンサイト「アインス-暗黒革命-」の運営をするなどファンにも嬉しいサービスを次々に展開しています。

所属するバンド「DIAURA」「グリーヴァ」「ゴシップ」の3組は、現在のシーンに欠かす事の出来ない粒ぞろいのバンドばかり。

今日のヴィジュアル系バンドシーンで重要な立ち位置となった事務所「Ains」を所属アーティストを中心に徹底解剖していきましょう!

「Ains」ってどんな事務所?

「Ains」は、藤岡祐一さんが代表取締役をつとめる音楽事務所。
DIAURA
出典:©DIAURA OFFICIAL‏(@DIAURA_OFFICIAL)Twitterより
ヴィジュアル系バンドの聖地、新宿区高田馬場にオフィスを構え、所属するアーティストのマネジメント業務はもちろん、イベントの企画や運営、グッズ制作を全て自社で行っています。

設立してから6年が経過し、2014年ごろから徐々に会社としても名前が知られるようになり、現在では業界で重要な立ち位置になりました。

続いて所属バンドを紹介していきましょう。

所属バンド「DIAURA」
DIAURA
出典:©Ains 「DIAURA」official web siteより
独裁的なオ―ラと圧倒的な演奏力でヴィジュアル系シーンの中心になりつつあるDIAURAは、現在の「Ains」を引っ張る事務所の稼ぎ頭とも言われています。

業界を「独裁すること」をバンドコンセプトに掲げていて、彼らのファンは「愚民」と呼ばれています。

毎回違うテーマで制作される楽曲は多彩で、メンバーのほとんどがESPミュージカルアカデミーの出身ということもありアレンジの手法も非常に豊富です。

演奏の実力も確かなもので、迫力のパフォーマンスはまさにライブバンドと言った印象を受けるバンドです。

大きなライブハウスを次々に満員にしており、2014年9月3日に行われた新宿アルタ前ステーションスクエアでのゲリラライブにはファン2000人が集まりました。

2015年にはDIAURAを題材にしたカードゲームアプリがリリースされるなど、現在も大人気のヴィジュアル系バンドです。

1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!