早くも退団してしまう月華雪乃さんの短すぎるプロフィールと今後について

宝塚歌劇団には、入団のニュースがある一方で退団のニュースもあります。しかも退団の理由によっては突然のお知らせになることもあるので、ファンとしては大きなショックを受けることがあります。

苦労してせっかく宝塚音楽学校に入学、念願の入団を果たすことができても、タカラジェンヌとして長く活躍できない人もいるのです。

今後を期待されながら突然退団が告げられたタカラジェンヌの一人、99期生の月華雪乃さんのプロフィールをここで紹介しましょう。


月華雪乃
<出典:kageki.hankyu.co.jp>






配属からわずか1年で退団…月華雪乃さんのプロフィール

月華雪乃さんは、2011年に宝塚音楽学校に入学して2013年に入団した99期生です。「まりもり」の愛称で親しまれていた月華雪乃さんは、身長160cmの娘役。雪組公演『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』で初舞台を踏み、その後2014年に雪組に配属されます。




月華雪乃
<出典:www.drillspin.com>





ここまでは順調なタカラジェンヌ人生のすべり出しですが、残念なことに2015年の『銀二貫—梅が枝の花かんざし—』の千秋楽にて退団が発表されました。。。




月華雪乃さんの同期には万名月洸さんがいますが、同じように退団しています。さらに同じ時期に体調不良により水月牧さんの退団も発表されたので、ファンの人たちにとって衝撃続きとなってしまいました。




銀二貫
<出典:kageki.hankyu.co.jp>




月華雪乃さんは2015年11月29日、雪組の宝塚バウホール公演千秋楽にて正式に退団となります。最後の舞台では、月華雪乃さんの雄姿をしっかりと目に焼き付けたいものです。











退団後も活躍する人が多い宝塚歌劇団ですから


宝塚歌劇団には入団する人がいる反面、退団する人もいます。トップに上り詰めての退団(勇退?)もあれば、体調不良など理由はさまざまです。月華雪乃さんについて、退団理由は明らかにされていません。

しかし、タカラジェンヌの中には退団しても芸能界や舞台などで活躍する人も多く、中には結婚して幸せな家庭を築いている元タカラジェンヌもいます。そのため、タカラジェンヌの退団も残念がるばかりではなく、新たに花開き、活躍を応援できる場合も多いですよね。





SEO的な画像名
<出典:ticket.st>






退団後の動向については、ホームページやブログなどによって確認できる場合もあるため、気になる方はこうした情報のチェックをおすすめします。

新人のうちに退団という非常に残念なことになってしまった月華雪乃さんですが、退団後の人生が良いものになることを願いましょう!

タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!