今日からサク読み!トレタメアプリ

7,354 views

東京宝塚劇場にて幕を開けた、「神々の土地」「クラシカル・ビジュー」。

トップスター朝夏まなとさんの退団公演として、話題を呼んでいます。

ロマノフ王朝の黄昏に生きた人々の心の機微を描き、涙を誘ったミュージカル「神々の土地」。

石の持つ様々な輝きを宙組のスターたちに例え、きらびやかなシーンで綴ったショー「クラシカル・ビジュー」。

とびきり華やかな演目というわけではありませんでしたが、丁寧に作り込まれた舞台は回数を重ねるごとに深みを増し、宝塚での上演中はファンを魅了し、盛り上がりを見せました。
朝夏まなと出典:©宝塚歌劇団 公式HP 宙組公演『神々の土地』『クラシカル ビジュー』より
そして、とうとう開幕した東京公演。

見どころはたくさんありますが、とにかくここは注目してほしい!!イチオシの場面について今回はお届けします。

読んでいただければ、きっと観劇が2倍にも3倍にも楽しくなるはず!

では、ご紹介してまいります!

美しすぎる、雪原でのデュエットダンス

朝夏まなと 伶美うらら出典:©宝塚歌劇団 公式HP 宙組公演『神々の土地』『クラシカル ビジュー』より
「神々の土地」で朝夏まなとさんが演じるのは、皇帝のいとこであるドミトリー・パブロヴィチ・ミハイロフ。ロシア帝国の軍人であり、貴族です。

彼が密かに思い続けているのが叔父の妻で、今は未亡人である大公妃イリナ。伶美うららさんが儚く美しく演じています。

ドミトリーが皇帝一家を守るための転任のため、ペトログラードへ赴くため、イリナは壮行パーティーを開きますが、ドミトリーは抜け出して鹿狩りをしています。そこに迎えに来たイリナ。ドミトリーは彼女を強引に踊りに誘います。

実際、雪が降っているわけでもない舞台上ですが、二人の芝居を見ていると雪原が広がっているように感じられます。

そこで静かに、お互いの想いを抑えながら踊るデュエットダンス…。あまりの美しさに息を飲みそうになります。

芝居冒頭なのに、なぜだか涙が止まらないシーン。

世界観の美しさに心が震えます。


1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!