13,709 views

サン=ジュスト役が大当たり!憑依役者、朝美絢!

新人公演も卒業し、中堅スターとなった朝美絢さん。2017年に雪組に組替えとなります。

望海風斗さんトップスターの雪組で、いきなり朝美さんの大ヒットとなったのが「光ふる路〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜」でのサン=ジュスト役。

朝美絢 望海風斗出典:©宝塚歌劇団 Youtubeチャンネル『雪組公演『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』 『SUPER VOYAGER!』初日舞台映像(ロング)』より望海さん演じるロベスピエールに心酔し、一途に革命に突き進んでいく青年を、狂気を感じさせるほどの演技で熱演!

憑依型の演技、印象的な歌声で、大注目を浴び、雪組での大劇場公演デビューとしてインパクトを残しています。

特に、銀橋で望海さんロベスピエールの背中に抱きつくシーンは、ファンの方の萌えシーンとして、舞台写真が売り切れたという情報も。

そして、バウホール公演の単独初主演が決定したのです!

単独初主演、ヨシツネ役から始まる新たな朝美絢の歴史

朝美絢さんの初主演作となるのが「義経妖狐夢幻桜」。

朝美絢 義経妖狐夢幻桜出典:©宝塚歌劇団 公式HP 雪組『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』より美しいビジュアルのポスターが出た時に、ファンの人たちは興奮!!

まるでアニメの主人公のような美しい立ち姿。相手役となる星南のぞみさんとともに写る姿は本当にアニメそのもの!!

朝美絢の本領を、ポスターから思いっきり打ち出して来ました。

この公演は特に原作があるものではないようですが、主人公となるのは日本史の大ヒーロー源義経。

ストーリーの中では、カタカナで「ヨシツネ」となっています。

兄、ヨリトモに陥れられ追われる身となったヨシツネが、「ツネ」と名乗る、キツネ憑きの女の子と出会うところから物語は展開されるよう。

朝美絢 義経妖狐夢幻桜出典:©宝塚歌劇団 公式HP 雪組『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』よりオリジナルのお話のようですが、作・演出となる谷貴矢さんが、朝美さんに「義経をやらせたい!」と思って作った作品のようです。

とっても気合いが入った公演となるのではないかと今からウキウキが止まりません。

このポスターのビジュアルでチケットが売れないわけがなく、少し悲しいことですが転売もものすごいことになっているそうです。

観られる人は本当に幸運、プラチナチケットですね。

NEXT PAGE >>
"見出し"

1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 宝塚歌劇団雪組朝美絢

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!