今日からサク読み!トレタメアプリ


今年も暮れに近づき、来年の宝塚歌劇公演の動きが気になる時期ですね。

2018年の宝塚歌劇のトップバッターは、花組「ポーの一族」。主演の明日海りおさんは、花組トップスターとしてすでに4年のキャリア。5組のトップスターの中で、1番長いトップ歴を誇ります。

熟練のスターでありながら、次回「ポーの一族」では少年の役。

新鮮な風を吹かせることができる、不思議な魅力に満ちています。

安定感のある舞台で人気も高い、明日海りおさんに今回は迫ってみます!

トップとして4年。今、充実期にある明日海りお

明日海りお出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組公演『邪馬台国の風』『Santé!!』より
明日海りおさんの魅力。
それは安定した歌唱力、きめ細やかな芝居心、そして何と言っても観る人を酔わせる美しさ!

少年から大人の男まで演じられるスターとして成長を遂げてきました。

トップ就任時は蘭乃はなさんとコンビを組んでいましたが、花乃まりあさんに相手役が変わり、現在は仙名彩世が相手役を務めています。

仙名さんがしっとりとしたおしとやかな雰囲気を持つからか、現在最も落ち着いたトップコンビであるといえます。

充実の時期を迎えている明日海さん。早くから抜擢されてきてトップスターになり、今ようやく落ち着いたころではないでしょうか。そして明日海さんの同期もどんどん活躍していっています。

1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!