熟練味と新鮮さが共存。カリスマ的トップスター、明日海りお!


21,617 views

充実期の明日海りおにふさわしい相手役、仙名彩世

今年、花乃まりあさんの退団に伴い、明日海さんの相手役が仙名彩世さんとなりました。
仙名彩世出典:© 宝塚歌劇団 © 宝塚クリエイティブアーツ タカラヅカ・スカイ・ステージ プレ・ステージ!!~歴史のトビラをたたく~#3 花組公演『邪馬台国の風』より
花乃さんがヒロイン街道を進んできた、フレッシュなスターだったのに対して、仙名さんは落ち着いた大人の女性を演じることが多かったので、相手役に選ばれたときはちょっと驚きを感じた方も多いのではないでしょうか。

しかし、仙名さんのお披露目となった「邪馬台国の風」では、落ち着きがありつつも可愛らしい卑弥呼を演じていました。

明日海さんに寄り添う姿も美しく、微笑ましかったものです。花乃さんが下級生ながら強さのある娘役だったので、仙名さんのたおやかさは新鮮でもありました。

仙名さんは、明日海さんにしっとりと寄り添い支える、昭和型の娘役トップスターのように思えます。明日海さんという大スターのために内助の功を発揮しながら自らも輝き、花組を二人で盛り上げてくれるのではないでしょうか?

2018年の幕開き、花組に待っている大作は「ポーの一族」

明日海りお ポーの一族出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組公演『ポーの一族』より
萩尾望都さんによる超人気コミックで、演出家の小池修一郎氏がずっとあたためてきた作品「ポーの一族」が、満を辞して上演されることとなりました。

明日海りおというカリスマ性を発揮する大スターがいたからこそ、小池氏もこの作品に向き合う気持ちになったのでしょう。制作発表会では、撮影で扮装した明日海さんを見て、イメージ通りだと思ったと語っていました。

二番手には柚香光さん。明日海さん演じるエドガーの友人アランを演じ、作品を支えます。

仙名さんはシーラ・ポーツネル夫人。美しきバンパネラの貴婦人で、やっと本領発揮といったところでしょうか。

明日海さんのエドガーは本当に美しく、ポスター画像が出たときにファンの人の感嘆の声がたくさん聞かれました。

原作ファンも宝塚ファンも納得の名作が、2018年の元旦に生まれることが予想されます!

2018年以降も輝きを放ち続ける明日海りお!

明日海りお ポーの一族出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組公演『ポーの一族』より

類希な美しさとカリスマ性、確かな実力で花組を率いる明日海りおさん。

轟悠さんに次ぐ、タカラヅカの大スターとして、2018年はさらに輝いていってくれるはず。今後の明日海さんに、花組に、期待に胸が膨らみますね!

著者:すみれ文案

1 2 3

3 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!