今日からサク読み!トレタメアプリ


高い実力と、色気でファンの心を鷲掴みにしている、花組の鳳月杏さん。
別格路線スターとして、唯一無二の存在感を放っています。

花組大劇場公演『MESSIAH −異聞・天草四郎−』では、悪役となる松倉勝家を熱演。まさに「色悪」と評するにピッタリの役どころで、鮮烈な印象を残しています。

また、ファンだけでなく、タカラジェンヌたちから慕われる”人たらし”ぶりも魅力の一つ。今回は、多くの人から愛される鳳月杏さんの魅力について考えていきたいと思います。

鳳月杏の勢いが止まらない!印象的な役を振り返る

2015年に月組から花組に組替えし、次々と重要な役を担ってきた鳳月杏さん。組替えした年には、『スターダム』で初出演を果たし、その後も出演する公演全てで、花組には無くてはならない存在となっています。

独断ですが、鳳月杏さんが最近演じた中で、個人的に印象に残っている役をご紹介します。

【はいからさんが通る】青江冬星

青江冬星出典:©宝塚歌劇団 宝塚歌劇団公式サイト|はいからさんが通る より
演目発表時から話題沸騰だった、『はいからさんが通る』の青江冬星役。
ビジュアルが原作を忠実に再現していたところも高く評価されましたが、それ以上に舞台上で息づかせた演技力が素晴らしかった役です。役者・鳳月杏の底力を見た気がしました。

少女マンガ原作作品の上演は、宝塚だからこそできる華やかな舞台に注目が集まりますが、単に再現している以上のリアルさを持った役作りが印象的。

一体何人の女性が、とりこになったのでしょうか。少ない出番の中でも圧倒的な存在感を放ち、ファンの心を奪った本作成功の立役者と思います。

【あかねさす紫の花】中大兄皇子(役替り)

博多座公演では、トップ・明日海りおさんの役替りに合わせて、2番手役の中大兄皇子を熱演。

強引に弟の妻を奪う兄・中大兄皇子という役どころは、どこか『月雲の皇子』を彷彿とさせることもあって、ぜひ演じてほしい!と願うファンも少なくなかったはず。そして、その期待に見事に応えました。

強引だけど、それに抗えない魅力にあふれていて、冷静に考えたらヒドい男なのに、ほだされてしまうのも分かる…と心が揺らいでしまいました。

そして、この時代の衣装の着こなしが抜群。涼し気なお顔立ちがより際立ち、眺めているだけでうっとりしてしまいます。『金色の砂漠』にも通じますが、国を治める立場の役が本当に似合います。

こういう持ち味の男役がいるということは、花組にとって、演目の幅が深く広くなる幸せなことだ!とちなつさんの舞台を見る度に感じます。
月雲の皇子出典:©宝塚歌劇団 公演バックナンバー『月雲の皇子』より

【MESSIAH −異聞・天草四郎−】松倉勝家

最新の大劇場公演『MESSIAH』では、キャリアでも異彩を放つ悪役を熱演。

悪政を敷き、島原の乱を引き起こした張本人をいきいきと演じ、まさに「色悪」という言葉を体現しています。この悪役が魅力的だからこそ、物語の悲劇性が一層増していたに違いありません。

また、この公演で退団する同期の天真みちるさんと一緒に演技するということもあり、ファンからすると、その点も涙を誘うポイントです。
天真みちる、鳳月杏出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ 音楽の宝箱-宝塚の名曲を歌う-#1より

1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 宝塚歌劇団花組鳳月杏

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!