爽やかすぎるイケメン美魔女ギタリスト!?DIR EN GREY・Dieの魅力を徹底紹介!

来年の結成20周年に向けて、過去の作品を今のスタイルで表現していくライブツアー「TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ______」や、最新シングル「詩踏み」も好評なDIR EN GREY。

DIR EN GREY <出典:direngrey.co.jp>
そんなDIR EN GREYの上手ギターを担当しているのがDieです。

2015年からは新たなバンド「D E C A Y S」も立ち上げ、こちらも好調なDieのプロフィール、性格、趣味、音楽性、ギタリストとしてのスタイルなど、Dieの魅力をご紹介していきたいと思います!

DIR EN GREY Dieのプロフィールと音楽との出会い

まずはDIR EN GREYのギタリスト・Dieのプロフィールを見ていきたいと思います!

Dieは三重県出身。12月20日生まれです。

DIR EN GREY Die <出典:top.tsite.jp>
中学生時代に友達からBUCK-TICKの「悪の華」のCDを勧められ手に取ったところからロックに目覚め、ヴィジュアル系の先駆け的存在のバンド「D'ERLANGER(デランジェ)」に出会い、バンドサウンド、特にギターに魅了されます。

そして高校生になり友人に誘われてバンドを結成、ギタリストの道を歩み始めます。

高校卒業後は大阪の専門学校へ進学。その後もバンド活動とアルバイトを続けながら、La:Sadie'sでの活動も経て今のメンバーに出会い、1997年にDir en greyを結成。上手ポジションのギタリストとして現在まで活躍中です。

音楽的なルーツとしては、D'ERLANGERのギタリストであるCIPHERを尊敬しており、強い影響を受けていると公言しています。

身長は177~178cmで、DIR EN GREYメンバーの中ではToshiya(180~181cm)に次いで二番目に高く、この2人でDIR EN GREYのツインタワーと呼ばれたりもしています。

髪はロングヘアであることが多く、プレイ中によくそのロングヘアが髪になびいているのが印象的。なんでもライブ中業務用扇風機がDieに当たっているそうですよ。




DIR EN GREY Dieの性格って?Dieの好きなものとは

そんなDIR EN GREYのギタリストDieですが、目力の強いクールな印象とは裏腹に、気さくな関西のお兄さんという感じの性格で、交友関係も結構幅が広いです。

DIR EN GREY Die <出典:www.barks.jp>
アーティスト写真やステージで見せるキリっとしたクールなイメージと、インストアイベントなどで見せる爽やかスマイルのギャップも魅力的。

ビールのアサヒスーパードライが大好きで、ライブ中にステージドリンクとして飲んでいたり、インストアイベントでもビール片手に登場するということも。

食べ物だと辛いものが大好きで、ライブツアーなどで全国各地を訪れた際はそれぞれの土地で激辛料理のお店に足を運んでいます。

辛いものと関連性があるかはわかりませんが、Dieは赤色が大好きで、初期は赤髪で、ギター、ピック、機材も赤色で統一していた時期がありました。

更にDieは猫も大好きで、2匹飼っているそう。

自身出演のWeb番組では猫の話になるとかなりテンションが上がり、自分でも結構な親バカだと言っていました。(笑)






DIR EN GREY Dieのサウンドとプレイスタイル

DIR EN GREYのギタリストとして、薫とともに多くの原曲を手がけているDieですが、彼はバンドの中でも比較的メロディアスな楽曲を担当しています。

ギターストラップが長く、その長さはなんと160cm。
ヘッドバンギング(ヘドバン)ではなく、楽曲の持つ表情に合わせた身体全体で表現する力強いピッキングのパフォーマンスが印象的です。

DIR EN GREY Die <出典:top.tsite.jp>
得意としているプレイはカッティングで、「カッティングの鬼」とも称されるほど。

そんなDieが原曲を手がけている、Dieサウンドの味わうことのできるDIR EN GREYの名曲をいくつかご紹介していきます。

予感

初期のDir en greyを代表するメロディアスな一曲で、今もなおファンからの支持が熱い名曲です。アルバム「GAUZE」に収録されています。


RED…[em]

耳に残るカッティングフレーズから始まり、Dieの弾く情熱的なギターソロがドラマチックで一つの映画のような雰囲気の一曲。
アルバム「VULGAR」に収録されています。

LOTUS

2011年1月にリリースされたメジャー24枚目のシングル。美しくヘヴィで、壮大な展開を見せる味わい深いナンバーです。

VANITAS

アルバムDUM SPIRO SPEROの最後に収録されているバラード曲。
曲のテーマも相まって、心に沁み入るようなギターソロの音色に思わず涙するファンもいるとか。

懐春

最新のフルアルバム「ARCHE」に収録されている一曲。Dieの巧みなセンスが光る、和の情緒と哀愁を帯びたヘヴィなミディアムナンバーです。
音から情景が浮かんでくるような巧みで細やかな音色は彼ならでは。






DIR EN GREY以外でのDieの活動にも注目!バンド「DECAYS」って?

2015年6月にDieの新プロジェクトとしてバンド「D E C A Y S」が結成されました。

DECAYS <出典:www.musicman-net>
DieとMOON CHILDの樫山圭を中心に結成され、ライブやリリースの度に様々なメンバーを迎え入れ活動中。Dieはギター&ボーカルを担当しています。

その音楽性はDIR EN GREYのDieとはまた違った、シューゲイザーやデジタルサウンド、ダンスロックなど様々な要素を持ち合わせたもので、Dieの音楽に対する間口の広さがわかるバンドになっています。


<出典:www.youtube.com>

先日12月7日にはバンド初のフルアルバム「Baby who wonders」もリリース。



そしてそれを提げてのライブツアーも12月27日(火)のOSAKA MUSEより行われるのでこちらも要チェックです!

年々魅力を増すDieから目が離せない!


DIR EN GREY Die <出典:gakusei.arukita.com>
活動歴20年には見えないその爽やかさに加え、年々大人の色気を増していると評判のDie。最近では姐さん感も出てきてもはや美魔女とも言われるほど。

DIR EN GREYのギタリストとして、そして「D E C A Y S」のフロントマン、コンポーザーとして活躍していくDieの活動にこれからも目が離せませんね!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!