3,332 views

2016年注目のバンドが集結!シーンを占うイベントを見逃すな!

シーンが盛り上がるにつれて、ヴィジュアル系バンドが中心となったイベントもさまざまな場所で開催されるようになってきています。昨年は、ヴィジュアル系の世界の「伝説」であるLUNA SEAが主催する「ルナティックフェス」なども開催され、大成功をおさめました。

そんな中、2016年も注目のイベントが開催されました。それが「V-BAND 祭〜冬の東阪仙ツアー2016〜」。新進気鋭のヴィジュアル系バンドが集結するイベントとなっていますので、気になっている方も多いでしょう。

そこで、ここではこのイベントについてご紹介してみたいと思います。

◆ヴィジュアル系バンドのみがあつまるイベント!詳細は?




V-BAND 祭〜冬の東阪仙ツアー2016〜 <出典:gunosy.com>

このイベントはヴィジュアル系バンドのみが集まるものとしては、最大級のものとなっています。通常、こういったイベントは一つの会場のみで開催されるというケースが一般的です。しかし、今回はなんと三つの会場で開催されたのです。

まずは、それぞれの開催地でのライブ詳細をチェックしてみましょう。

●2016.1.10(日)
仙台MACANA
SHIBUYA-REX PRESENTS
「V-BAND 祭」
〜冬の東阪仙ツアー2016〜
開場15:30/開演16:00
前売券¥3,500(D別)/当日券¥4,000(D別)
[出演]
・ベル
・Smileberry
・BLaive
・CLOWD
・ジン
・他

●大阪RUIDO
SHIBUYA-REX PRESENTS
「V-BAND 祭」
〜冬の東阪仙ツアー2016〜
開場15:30/開演16:00
前売券¥3,500(D別)/当日券¥4,000(D別)
[出演]
・ベル
・Smileberry
・BLaive
・CLOWD
・少年記
・他

●2016.1.31(日)
SHIBUYA-REX
SHIBUYA-REX PRESENTS
「V-BAND 祭」
〜冬の東阪仙ツアー2016〜
開場15:30/開演16:00
前売券¥3,500(D別)/当日券¥4,000(D別)
[出演]
・ベル
・Smileberry
・BLaive
・CLOWD
・ジン
・ギガマウス
・他

それぞれの日に、今注目のバンドの参加が決定しています。お目当てのバンドがいる方はもちろん、これから躍進するであろうバンドを一足先にチェックしておきたい、という方にとっても魅力的なイベントとなりました。

では、このイベントでの出演バンドについてもチェックしてみましょう。

◆注目のバンドが大集合!


ベル

ベル ヴィジュアル系 <出典:v-kei.jp>

2014年に活動を開始した個性派ヴィジュアル系バンドがベルです。元彩冷える(AYABIE)のメンバーである夢人が中心となって結成されたバンドで、活動開始と同時に、非常に高い注目を集めています。
活動開始からそれほど期間が経っていませんので、まだライブを観たことがない!という方は、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

Smileberry

Smileberry <出典:smileberry.jp>

まだ活動をスタートしたばかりの5人組バンドですが、すでに耳の早いファンの間で注目をあつめはじめています。
現段階での知名度はそれほど高くはありませんが、2016年の躍進が期待されるバンドの一つです。このイベントで一足先にチェックしておきたい、という方も多いでしょう。

BLaive

BLaive <出典:shattered-tranquility.net>

2015年から活動を開始したBLaiveも今後が楽しみなバンドの一つです。2016年2月にはニューシングルのリリースも予定されており、このバンドもまたさらなる活躍が期待されます。個性的なルックスはもちろんのこと、バラエティ豊かな楽曲群にも要注目です!

ギガマウス

ギガマウス <出典:gigamous.com>

さまざまなバンドでキャリアを重ねてきた実力派メンバーによって結成され、2013年から本格的な活動を開始したギガマウスも参戦。
元々、高い実力をもったメンバーによるバンドですので、ハイレベルなパフォーマンスを期待することができます。2015年もライブ活動のみでなく、音源のリリースも連続で行うなど活動も精力的。

この他にも、注目のバンドがいくつも参加するイベントとなりました。2016年のヴィジュアル系シーンを占う上でも、とても重要なステージになったことは間違いありません。

2016年もヴィジュアル系バンドが集まり、さまざまなイベントが開催されることになるでしょう。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ヴィジュアル系の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!