今日からサク読み!トレタメアプリ


WOMCADOLE(ウォンカドーレ)はメンバー全員が滋賀県出身の4人組ロックバンドです。
WOMCADOLE

全員20歳前後と若く、ストレートなロックを聞かせてくれます。そんないま注目の彼らのプロフィールと活動についてご紹介します。

 

2011年に滋賀県で結成された関西活動がキャリアのスタート

WOMCADOLEは、2011年に滋賀県で結成されました。

メンバーはギターとボーカル担当の樋口侑希(1995年生まれ)、ギターの古澤徳之(1994年生まれ)、ベースの堀江俊吾(1992年生まれ)、ドラムの安田吉希(1995年生まれ)の4人です。ドラムの安田吉希は2012年加入、ベースの堀江俊吾は2014年に加入しました。
https://www.tfm.co.jp/lock/riot/2013/artists/art_2013/omw6za08fm3.jpg

編成から見てもわかるように、ストレートなロックを演奏するバンドです。
結成当初はそれほど目立った活動はなく、ここ3年の間に頭角を現してきました。

 


活動の始まりはデモ音源の配布から


2011年に結成し、関西のライブハウスを中心に活動していましたが、アルバム制作などは行っていませんでした。翌年に「青鼻のピエロ」をライブハウスなどで無料配布をしたのが彼らの活動の始まりです。

出典:©WOMCADOLE
【TRAILER】WOMCADOLE / Hello Hello Hello(youtube) より



そして、2013年に1stミニアルバム「Hello Hello helo」を発売。
もっとも、全国発売というわけではなく、ライブ会場での手売りという形式です。

この年、10代アーティストだけが参加できるロックフェス「閃光ライオット」に参加し、三次審査まで進みました。これがWOMCADOLEが全国に活動を広げるスタートラインとなりました。

 

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 邦楽ロック音楽WOMCADOLE

邦楽ロックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!