今日からサク読み!トレタメアプリ

5,931 views

春になればオープン戦、夏になれば甲子園。秋ごろになればクライマックスシーズン、とかく日本人は野球が大好き!

野球のルール

ルールを知らなくっても、不便はないですが、どうせなら野球のルールをしって野球を楽しんだほうが人生損しません! ということで、でも簡単に分かる野球のルールについてご説明します。



野球の簡単なルール説明

野球は 9対 9で点数が多いほうが勝ちというスポーツです。 そして、この 9対 9のグループが「 表 」「 裏 」という順番に攻撃と守備を繰り返します。 攻撃側はバットを振って点数が入ればOK。 野球には一塁、二塁、三塁、ホームベースがあるのですが、すごろくと同じで、バットに当たってボールが飛ぶ。

飛んだボールを相手チームの守りの選手が取りにいっている間に、どれだけ進めるか、そして最終的にホームベースに帰ってくる、つまり一週することが出来れば 1人に付き 一点が入ります。

じゃあ、守備側は何をしているかというと、ボールを投げるんです。 ボールを投げる人をピッチャーといいますが、ピッチャーが決められたゾーンに球をなげると「 ストライク 」です。

でも、ストライクゾーンばかりに球を投げていると、攻めて側に打たれてしまうので、あえてストライクゾーンを外す「 ボール 」を入れたりします。 ストライクを 3回取れれば「 アウト 」となって攻めて側のペナルティとなります。

この「 アウト 」を 3回取ることで攻守交替です。 このやり取りを各チーム 9回繰り返して、最終的に点数が多かったほうが勝ちというのが野球のルールです。 ね、簡単でしょ?

野球クイズ

野球がもっと分かる!野球クイズ


まだ、説明しきれていないことをクイズ形式で説明したいと思います!
Q,投手の「 ボール 」が許される回数はいくつ?

A,3回まで 4回を超えるとフォアボールとなって守り側がペナルティとなって、攻め手側の選手を塁に進ませなければいけません!

Q,ホームランは最大で何点入る?

A,4点 塁にすべて攻め手側の選手がいる状態を「 満塁 」といいます。 つまり 3人分と今バッターボックスにいる選手が全員ホームに帰ってくるので、入る点数は4点になります。

おわりに

厳密にはいろいろ違うのですが、とりあえずは簡単に分かっていればOK。 むしろ楽しむ方が大事なので、ルールよりも楽しむことを優先してみてはいかがでしょうか?

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード スポーツレコメンド野球

スポーツの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!