トレタメ記事内画像について


7,034 views

バスケットボールの基本的なルールと各ポジションの解説

バスケットボールの競技時間は10分のクォーターを4回行う合計40分です。第1クォーターと第2クォーターの間と第3クォーターと第4クォーターの間には2分間のインターバルがあり、第2クォーターと第3クォーターの間には10分間のハーフタイムがあります。ゲームはジャンプボールでジャンパーがタップした瞬間から始まります。


バスケットボールでは、スリーポイントラインの外側からの得点は3点内側からの得点は2点フリースローによる得点は1点ずつとなります。



バスケ





大まかに二種類の禁止行為

バスケットボールでは大きく分けて、バイオレーションファウルの2種類の禁止行為があります。

まずバイオレーションには、


・ボールを持ったまま3歩以上歩く「トラベリング」
・ドリブルを終えた後再度ドリブルをする「ダブルドリブル」
・ボールを故意に足で扱う「キックボール」
・オフェンス側がフロントコートからバックコートにボールを戻す「バックコートバイオレーション」等があります。



バイオレーション



また、以下のような時間に関するルールもあります。

3秒ルールは、制限区域内にオフェンス側選手が3秒以上とどまることを禁止したものです。
5秒ルールは、審判にボールを渡されてから5秒以内にスローインをしなかったり、フリースローを打たなかったりなど、プレー中に5秒以上ボールを持ち続けることを禁止したものです。
8秒ルールは、バックコートでボールを所有したら、8秒以内にボールをフロントコートに運ばなければいけないというものです。
24秒ルールは、ボールをとった時点から24秒以内にシュートを打たなければいけないというものです。ただし、シュートを打ったけど、ゴールリングにボールが当たらなければ秒数カウントはリセットされず、バイオレーションになってしまいます。




24秒





1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

レコメンドの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!