今日からサク読み!トレタメアプリ


出典:©YG Entertainment BIGBANG Official Facebookより

K-POPカルチャーが世界を席巻した原動力として、BIGBANGの存在を欠かすことができません。


その中でも同グループのリーダーであり、作詞・作曲も担当するだけでなく、プロデューサーとしてBIGBANGを牽引するG-DRAGONの功績は大きなものでしょう。
今回はそんな彼が、一人のアーティストとして自身の魅力を凝縮したソロ曲にスポットライトを当て、オリコンランキングをもとにしたおすすめナンバーをご紹介したいと思います。



◆ランキング5位 『R.O.D. [feat.LYDIA PAEK]』




出典:Youtube©YG Entertainment G-DRAGON_1006_SBS Inkigayo_R.O.D(ft. Lydia Paek)より

女性への恋焦がれる気持ちを重低音が効いたスローなラップに乗せて、メロウに歌い上げた人気ナンバーです。
たとえ英語の歌詞が分からなくても、何となく切なくなるG-DRAGONの歌唱力には圧巻です。
ちなみに一緒に歌っているのはLydia Paekで、BIGBANGと同じYGエンターテインメントに所属し、作詞家として楽曲の提供を行っているそうです。




◆ランキング4位 『CRAYON』



出典:Youtube©YG Entertainment G-DRAGON - 'CRAYON(크레용)' 0814 Mnet K-CON 2014より

こちらの曲はうって変わって、男性の本能の赴くままの自由奔放な行動・心情をコミカルに歌い上げています。
ヒップホップとパンクロックが融合したようなメリハリの効いた曲で、ノリのよい歌詞と共に気分を盛り上げてくれる一曲です。
このようなふざけた内容の曲を批判なしに歌い上げられるのは、圧倒的な才能と魅力を併せ持つG-DRAGONがおいて他にいないでしょう。



◆ランキング3位 『WHO YOU?』


出典:Youtube©YG Entertainment G-DRAGON - 니가 뭔데(WHO YOU?) M/Vより

恋愛が上手くいかない男性のムシャクシャした気持ちをつつみ隠さず、正直に伝えています。
こういった自分をよく見せようと思わない素直な表現は、日本では珍しいのではないでしょうか。
曲調はスタンダードなポップの中にも、ヒップホップ風にリスナーに語りかける曲で聴いていて飽きることがありません。



1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

ボーイズグループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!