1,780 views

イナズマロックフェスの恒例企画その3「Lakers」とは?

フェスも終盤、参加アーティストたちがステージに集まり、みんなで歌って気持ちを一つにすることもまた、フェスの魅力の一つでしょう。

イナズマロックフェスでは恒例企画として、「Lakers」というアンコールソングを歌います。
「Lakers」は元々はびわ湖毎日マラソンのテーマソングとして作られた曲で、T.M.Revolution初の配信限定シングルでした。
CDとしては9th Album「CLOUD NINE」の初回限定生産盤Bにのみ収録されています。
イナズマロックフェスで

「単にマラソン大会のイメージソングではなくて、地元の滋賀に根付くような曲になったら」との思いが込められているのです。

 

イナズマロックフェスの3つの恒例企画の共通点

イナズマロックフェスの恒例企画を3つご紹介してきましたが、そこには一つの共通点があることが分かります。
inazuma20


それは若い人や地元で頑張っている人を応援すること「地域振興」なのです。
イナズマロックフェスはただ楽しいだけでなく、琵琶湖を、地域を、若い人たちを盛り上げていこうというイベントなのです。

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

邦楽ロックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!