今日からサク読み!トレタメアプリ

587 views

伝説のアイドル「BiS」を"もう一度始める"として2015年に結成されたBiSH(ビッシュ)。

BiSから引き継がれたロックな音楽性と高い表現力を持ったメンバーたちが魅せる迫力のステージであっという間にライブアイドル界トップクラスの人気となり、2018年5月には横浜アリーナでのワンマンライブもチケット全席ソールドアウトと大成功を収めました。

そんな今ノリに乗っているBiSHですが、個性豊かな6人のメンバーの中で、誰が特に高い人気を集めているのでしょうか?

ということで今回は、「BiSH」のメンバー人気順ランキング2018年最新版をお届けしていきたいと思います!

BiSHメンバー人気順ランキング(2018年最新版)


第6位 リンリン

BiSH リンリン出典:©avex music creative inc. BiSH Official Site PROFILE より

プロフィール

誕生日:3月9日
出身地:非公開


BiSHメンバー人気ランキング、第6位はリンリンさんです。

2015年8月26日に新メンバーとしてグループに加入。

おとなしくて喋るのが苦手なBiSHの"無口担当"ですが、ライブではリミッターが完全に外れ、狂気的な表情を浮かべながらとにかく叫び、暴れまくる!

メンバーそれぞれのパフォーマンスや表現力に定評のあるBiSHですが、彼女の心の底から全てをぶつけてくるような叫びは見る者を圧倒します。

BiSHに入りたいと思った1番の理由は「ダイブしたい」からで、女性アイドルとしては異例のパフォーマンスを行っていたBiSのハチャメチャさに惹かれて憧れていたんだそうです。

アイドル自体にハマったきかっけはモーニング娘。とハロー!プロジェクトで、特に好きなのは新垣里沙さん。

BiSHの「JAM」という曲のミュージックビデオはメンバーが"一番会いたい人に会いに行く"という内容になっているのですが、その中でも彼女は新垣里沙さんに会いに行き、会ってすぐに感極まって涙していました。

加入当初から比べると髪型や髪色もどんどん派手に自由に変化していき、個性豊かなメンバーたちのなかでも随一の存在感を放っているメンバーですね。

第5位 ハシヤスメ・アツコ

ハシヤスメ・アツコ BiSH
出典:©avex music creative inc. BiSH Official Site PROFILE より

プロフィール

誕生日:9月27日
出身地:福岡県


BiSHメンバー人気ランキング、第5位はハシヤスメ・アツコさんです。

黒髪のロングヘアと大きなメガネが印象的なBiSHの"メガネ担当"。

黙っていれば正統派な雰囲気の美人さんなのですが、ライブのMCでは彼女を中心としたコントを行い、絶妙にスベるという"コントキャラ"でメンバーやファンからは愛されています!(笑)

東京都出身で学生時代は福岡で過ごし、卒業後は東京に出て空港で働いたり地下アイドルをやったりしていたという彼女。

音楽やロックも好きだったことから、アイドルとロック両方ができるグループを探していたところにBiSHのオーディションに出会い、受けたところ合格となりました。

しかしプロデューサーの渡辺淳之介曰く彼女の合格は「清水の舞台から飛び下りる気持ち」だったとのことで、あまり会話も噛み合わないと感じていたのだとか。

ロックすぎるメンバーの個性が際立つBiSHの中で、彼女は歌声もパフォーマンスも雰囲気も良い意味で飄々としていて、逆に惹きつけられてしまう存在かもしれません。

第4位 モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー BiSH
出典:©avex music creative inc. BiSH Official Site PROFILE より

プロフィール

誕生日:9月4日
出身地:東京都


BiSHメンバー人気ランキング、第4位はモモコグミカンパニーさんです。

BiSH結成時からのオリジナルメンバー。

言葉や物事の捉え方が非常にアーティスティックで、日頃から詩人のように言葉を紡ぐ彼女。

読書が好きで文才もあり、今年の3月には初の著書「目を合わせるということ」も発売しています。

また、作詞にも定評があり、BiSHはメンバー作詞の曲がいくつかあるのですが、彼女の作詞したものはどれもファンからかなり人気が高いです。

BiSHに入る前は普通の大学生だったそうで、冷やかしでアイドルオーディションを受けていたんだとか!(笑)

BiSHのオーディション時も履歴書に写真を貼らなかったり、身長も嘘を言ったりと、その斜に構えた雰囲気にプロデューサーの渡辺淳之介さんも驚いたそうですが、同時に自分に似ているとも感じて面接の日にすぐ彼女には合格を言い渡したそうです。

もともと未経験だったため歌やダンスは苦手だそうですが、デビュー以来ぐんぐんとスキルアップし、歌はメインボーカルのアクセント的な存在で楽曲を色付けています。

第3位 アユニ・D

アユニ・D BiSH出典:©avex music creative inc. BiSH Official Site PROFILE より

プロフィール

誕生日:10月12日
出身地:北海道札幌市


BiSHメンバー人気ランキング、第3位はアユニ・Dさんです。

新メンバーオーディションの末一人だけ合格となり2016年8月1日にグループに加入。

BiSHの中では最もアイドル感のあるルックスの美少女で、"僕の妹がこんなに可愛いわけがない"担当です。

BiSHに入るまでは芸能やアイドルの経験もなく、北海道で高校生活を送っていた彼女ですが、「学校に友達もおらず、放課後はすぐに家に帰る・・・」という生活から変わりたいとの思いでBiSHのオーディションに応募したそうです。

プロデューサーの渡辺淳之介さんによるとオーディション時は「磨いたらピカピカと輝きそうな原石感」を感じ、渡辺さん以外の他のスタッフも全会一致で「彼女が良い!」となったのだとか。

彼女も普段がおとなしい分、ライブだと化けるタイプ。

たくさん汗をかきながら精一杯自分を表現するために歌い踊り、輝きながら成長していく姿が印象的ですね。

ちなみにアユニ・DのDはいつも変わるそうです。
(あるときは道産子のD、あるときはダイナマイトのDなど・・・)

第2位 セントチヒロ・チッチ

セントチヒロ・チッチ BiSH
出典:©avex music creative inc. BiSH Official Site PROFILE より

プロフィール

誕生日:5月8日
出身地:東京都八王子市


BiSHメンバー人気ランキング、第2位はセントチヒロ・チッチさんです。

BiSH結成時からのオリジナルメンバーで、“見た目は真面目、中身は悪女 これでも彼氏は2人まで”担当。

グループの歌声を支えるメインボーカルのうちの1人であり、すっと胸に響く透き通った声の持ち主です。

もともと正統派なイメージの地下アイドルに所属していた彼女ですが、普通すぎる毎日がつまらないと感じていたそう。

そこでBiSの後継であるBiSHの始動を目にし、「何が起こるかわからないけど、刺激的な毎日を過ごせるんじゃないか」と思い前のグループを辞めてBiSHのオーディションを受けました。

2017年に行われた所属事務所WACKのアイドル全てが参加する「WACK総選挙」では1位に輝き、2位のアイナと共にソロデビューも果たしています。

第1位 アイナ・ジ・エンド

アイナ・ジ・エンド
出典:©avex music creative inc. BiSH Official Site PROFILE より

プロフィール

誕生日:12月27日
出身地:大阪府豊中市


BiSHメンバー人気ランキング、第1位はアイナ・ジ・エンドさんです。

BiSH結成時からのオリジナルメンバーで、"おくりびと"担当。

歌唱力&表現力ナンバーワンなBiSHの歌姫で、ハスキーボイスから繰り出される心の奥底にまで突き刺さってくるような歌声がとても印象的です。

BiSHといえばまず彼女の歌声を思い浮かべるか方も少なくないのでは?

歌だけでなく、ダンスも幼いころからずっと習っていたそうでBiSHの加入前はダンサーとして活動していたことも。

そんな経歴を活かしてか、BiSHのほとんどの楽曲の振り付けも彼女が考えています。

2017年に行われた所属事務所WACKのアイドル全てが参加する「WACK総選挙」では2位にランクインしました。

これからもBiSHに要注目!

BiSH
出典:©Natasha,inc. ナタリー 「NOW PLAYING JAPAN」ライブにBiSH、Miracle Vell Magicが出演決定 より
以上、BiSHのメンバー人気順ランキング最新版をご紹介してきました。

今年の末にはグループ史上最大規模となる幕張メッセ国際展示場9-11ホールでのワンマンライブも決定し、ますます勢いに乗るBiSH。

彼女たちの今後の活躍からも目が離せませんね♪

著者:下地啓介

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

アイドルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!