歌のワークショップ!「Bow Singing Workshop」星組公演をレポート

宝塚歌劇団で行う歌のワークショップ「Bow Singing Workshop」。歌の上手な人たちた出演するということもあり、人気の公演ですね。

今回は2016年6月26日(日)~ 6月28日(火)に行われた星組のワークショップにスポットをあてて紹介しますね!

■歌のワークショップ「Bow Singing Workshop」とは?


Bow Singing Workshop <出典:http://otokukoubou.blog.fc2.com/blog-entry-1395.html?sp>

歌のワークショップ「Bow Singing Workshop」は花・月・雪・星・宙組が行うワークショップで、若手バウとも言われるワークショップ。

出演するのは94期以下の若手だけです。演出は中村一徳先生で音楽は吉田優子先生が担当しています。

ワークショップ「Bow Singing Workshop」のきっかけは、姿月あさとさんの声かけと言われています。

姿月あさとさんが退団する際に、若手にもっと歌の発表の場を作ってあげてほしい、と提案したことが始まりだそうです。

先輩は後輩のことをとてもよく考えてくれるのも、宝塚の魅力ですね。それから、歌唱力のある生徒が歌を発表するコンサートのような形で始まったのだそうです。

■主な出演者は?


星組の主な出演者は

麻央侑希 <出典:http://prcm.jp/album/yukko1213/pic/31203600>

麻央侑希さん、ひろ香祐さん、紫りらさん、音咲いつきさん、綺咲愛里さん、紫藤りゅうさん、桃堂純さん、

華鳥礼良さん、綾鳳華さん、天路そらさん、遥斗勇帆さん、天彩峰里さん、極美慎さん、等が出演。

若手選抜メンバーが、今まで公演で歌われた楽曲やミュージカルなどで歌われている名曲を歌います。





■誰がどんな歌を歌うの?




最初に歌われるのが、ソル・マル~「ノバ・ボサ・ノバ」より。これは出演者全員で歌います。

若手と言えども歌唱力のあるメンバーたちです。美しく、迫力のある歌声にうっとりしますね。フレッシュな雰囲気も伝わってきて、これから始まるショーが楽しみになります。

「太陽のごとく」を歌うのは紫藤りゅうさん。紫りらさんは「The 20th Century Fox Mambo」を流暢な英語で歌います。清らかな歌声は素敵ですね。

圧巻だったのは華鳥礼良さん。オペラ座の怪人の歌を歌ったのですが、その迫力に圧倒されました。しかも美形です。

綺咲愛里さんは次期トップ娘役として注目されている若手です。オペラ座の怪人より「Think of Me」、レ・ミゼラブルの「夢やぶれて」などを歌ったのですが、可憐な感じで上手です。

綾鳳華さんはロミオとジュリエットの「いつか」やキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの「Goodby」などを、桃堂純さんは銀ちゃんの恋より「主役は俺だ」などを歌います。

■とてもうれしそうな若手ホープたち


みなさん伸び伸びと楽しそうに歌っています。本当に歌が好きなのだな、と感じますね。これからの皆さんの活躍が楽しみです!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!