1,171 views

2020年12月、韓国の兵役法改正案が可決されたニュースが報じられました。

改正により、入隊が迫っていたBTSジンの入隊延期が認められた形となり、ニューヨークタイムズも「ARMY(BTSファンの通称)の勝利」と報じるなど話題になりました。

この法改正はBTSだけでなく、全てのアイドルが対象になるので関心のあるKPOPファンも多いでしょう。

ここではアイドルの兵役事情や、兵役法の改正部分、様々な意見などを紹介します。

■もくじ


アイドルの入隊について

  • 基礎知識
  • -服務期間など

  • アイドルの入隊時期
  • -芸能人の入隊延期は「慣例」、合法的な入隊延期の方法

  • 海外への渡航制限

  • BTSがきっかけとなった兵役法改正

  • 適用条件

  • 世間の反応

  • レイアウトが崩れたり、リンクが表示されない方はコチラ
    (https://toretame.jp/boys-idol-militarily-service.html)

    こちらもおススメ


    【最新版】KPOPで活躍する日本人アイドル42名を紹介!
    イケメン台湾男子がアツい!2020年絶対にチェックして欲しい台湾俳優6選
    NCT、WayV テンの本名、ピアス、身長、彼女、誕生日など徹底解説

    アイドルの入隊について


    基礎知識


    韓国では、全ての成人男性(満18歳以上)に兵役の義務があります。入隊の期限は満28歳までで、服務期間は軍(空軍、陸軍、海軍)により違いますが1年半~2年ほどです。

    また、精神的・身体的な疾患などの持病がある場合、軍隊ではなく公的機関で勤務する社会服務要員として勤務することもあります。

    アイドルは厳しいトレーニングや過密なスケジュールにより持病を抱えていることも多いので、社会服務要員として兵役に就く割合が高いと言われています。

    服務期間


  • 陸軍:1年6ヶ月
  • 海軍:1年8ヶ月
  • 海兵隊員:1年6ヶ月
  • 空軍:1年9ヶ月
  • 社会服務要員:1年9ヶ月

  • *2020年12月時点

    アイドルの入隊時期


    通常、韓国の男性は高校卒業後~満22歳までに入隊する人が多いです。大学生であれば休学をして入隊するので、男性の大学卒業時期は同い年の女性よりも遅くなることが通常です。

    アイドルや俳優といった芸能の仕事に就いている人は「慣例」として入隊の延期が認められてたので、芸能人は入隊期限ギリギリまで活動をする場合がほとんどでした。

    しかし、2018年の兵役法改正によりこの慣例が認められないケースが発生する可能性があると言われています。

    延期が認められるケース


    アイドルでも入隊延期が認められるケースとして「大学院への進学」があります。

    兵役法施行令第124条

    - 大学院修士課程(2年制:26歳、2年以上:27歳)
    - 大学院博士課程(28歳)

    [年齢計算:当該年度 - 誕生年]


    「芸能人だから延期を許可する」という慣例が認められなくても、一定の年齢までに大学院に進学すれば合法的に入隊延期が認められます。

    そのため、韓国では「入隊対策」として大学院に進学する芸能人が一定数おり、ケースによっては国民から不快感を示されることもあります。

    BTSの所属事務所Big Hitも、証券証明書で『BTSメンバー(ジョングクを除く)は、大学院に在学中の為、2年以上の修士課程進学者は最大29歳になる年の末日まで法廷入隊延期が可能』と根拠を説明し、『ジンは2021年末日まで兵役法による入隊延期が可能だと判断している。』と公式に明言しました。

    アイドル達の学問への興味を一概に否定することはできませんが、BTS法案可決前のことなので、メンバーの入隊事情ももちろん考慮されていると言えるでしょう。

    BTSが通う「漢陽サイバー大学大学院」ってどんな学校?日本人も入学できる?

    海外への渡航制限


    満25歳以上の未入隊者は韓国外への渡航が制限されています。

    兵役法の「短期国外旅行許可」の規定によると、満25歳以上の短期国外旅行許可は、1回の申請につき6ヶ月以内に制限され、申請回数も2年間で5回までとなっています。

    これは海外に出国できる回数が5回までということではなく、あくまでも申請の回数なので海外のスケジュールを早めに確定させることで問題は避けられるでしょう。

    これまでにスポーツ選手や芸能人が海外に滞在していることを理由に、意図的に入隊延期を要請するなどの事例が多数発生したとのことで、こういったケースを避けるために許可制となりました。

    BTSがきっかけとなった兵役法改正


    2020年12月の韓国兵役法では多大な功績を残したKPOPスターなどに対し以下のように入隊延期が認められています。

    18歳から28歳までの健康なすべての韓国の男性は、約20ヶ月の間に韓国の軍隊で服務しなければならない。しかし、特定のポップスターは、文化部長官の推薦を受けた場合、軍服務(入隊)を30歳まで延期することができる。

    兵役の「免除」ではありませんが、28歳のうちに入隊をしなければならないところが30歳までになりました。2年間の延期ではありますが、アイドルにとっては「働き盛り」の貴重な2年間です。

    条件


    この法律が適用される条件として「文化体育観光部長官が大韓民国の位相と品格を高めるために大きく寄与したと認めて推薦された大衆文化芸術分野優秀者」とありますが、具体的な基準はなく曖昧です。

    ここでBTSが残した大きな功績を見てみましょう。

  • 2017年~2019年:ビルボード・ミュージック・アワード ソーシャルアーティスト賞
  • 2018年:花冠文化勲章受章
  • 2019年:ビルボード・ミュージック・アワード トップデュオ/グループ賞
  • 2020年9月:「Dynamite」で韓国人アーティスト初のビルボードホット100で1位

  • などが挙げられます。国内では45回以上の大賞受賞、海外有名アワードでも約20回の受賞という驚異的な功績を残しています。他のグループが入隊時期延期の対象となるか議論される際は、このBTSの功績と比較されることは避けられないでしょう。

    アイドルの影響力を純粋にCD売り上げ枚数などで測ることが困難な時代なので、具体的な基準を設けるのも中々難しいと言われています。

    他のアイドルの場合、大衆に納得してもらうためには、BTSと同等~それ以上の功績を残す必要がありそうです。

    また、今後具体的な基準として「韓国大統領賞の受賞」などが検討されていて、今後も改正箇所はアップデートされていくとみられます。


    反応


    BTSメンバーやファンにとっては喜ばしい今回のニュース。ファンが中心となり、BTSの入隊延期や免除の検討を青瓦台に請願するなどしていたその声が届いた形になりました。

    しかし、この法案の可決には賛否両論あるようです。韓国のニュースサイトやSNSなどでの声を拾ってみました。

    ポジティブな反応


  • 法律まで変えてしまうBTSはカッコいい!

  • BTSは大統領から文化勲章を受けた。彼らはすでに十分認められているよ。

  • 私は入隊延期の資格になる芸能人はただBTSだけだと思う​​。延期を認める基準は非常に高い。そして防弾少年団のメンバーの年齢が徴集年齢に近づいたこの時に、法案ができたのは偶然の一致ではないだろう。

  • BTSが韓国経済にもたらす効果は本当に狂気レベルだ。2018年に韓国に訪問する13人の外国人のうち1人がBTSのため韓国に来た。特に最近のようにカムバックするたびに新記録を立てているBTSを活動させることは、韓国に多大な利益をもたらすだろう。

  • 才能ある人を考慮するのは良い事。他にも理系分野やIT分野で活躍する人にも目を向けてほしい。

  • 免除ではなく延期なのだからそこまで騒ぐ必要はない。20代でピークを迎えるような人たちに配慮するのは当然の事。

  • ネガティブな反応


  • 私はBTSも、他の人と同じ時期に入隊して同じ服務をしなければならないと思う。それが義務というもの。

  • 現実を見てみよう。この法案は、他の誰でもないBTSのためだけに作られたよ。

  • 率直に言って、BTSの服務によって失われるかもしれない経済効果のために作られた法案に思える。政府はそれをハッキリとは言えないから非常に曖昧な基準を定めたようだ。

  • これからK-POPファンは好きなアイドルがビルボードにランクインするように、ありとあらゆることをするだろうね。

  • 皮肉なことに、この法改正の恩恵を最初に受けるアイドルの名前は、「防弾」少年団で、さらにそのファンクラブの名前は「ARMY(軍隊)」である。

  • これは最終的に兵役免除につながる計画の一部だよ。そうでない場合でも義務なら均等に処理すべき。アイドルの成功は、所属事務所のお金と影響力に大きく左右されるんだから。

  • まとめ


    賛否両論あるKPOPスターのための法改正。「貴重な20代の時間」というのは誰にとっても当てはまるからこそ様々な声が聞かれるのでしょう。

    日本にはない兵役制度ですが、みなさんはどう感じましたか?2年間という時間ですが、日本と韓国の芸能界では随分と事情が変わってくるようです。

    最近は、除隊後30代でブレイクする俳優なども出てきているので、「アイドルのピークはいつか」という概念も変化するかもしれません。

    KPOP界のフロントランナーであるBTSが、今後どのような影響を与えるか注目です。

    こちらもおススメ


    【最新版】KPOPで活躍する日本人アイドル42名を紹介!
    ドラマ「Sweet Home 俺と世界の絶望」キャスト、原作、あらすじ、配信情報などまとめ
    NCT、WayV テンの本名、ピアス、身長、彼女、誕生日など徹底解説

    1 / 1

    この記事をみんなにシェアする

    BTSの最新記事

    特集記事

    気になるエンタメ情報を調べる!

    トレタメライター募集中!