22,947 views

歌とともに歩んできた月組のトップスター、龍真咲さんの生い立ち

タカラジェンヌには、幼い頃からダンスや歌などの習い事をしている人が多くいます。

龍真咲 <出典:http://news.livedoor.com/article/image_detail/9285974/?img_id=7242821>

月組のトップスターである龍真咲さんも、幼い頃から歌を習っていた筆頭格のような存在です。

171cmの身長を活かし、華やかな歌とダンスによって多くのファンを魅了している龍真咲さん。

そんな龍真咲さんの生い立ちにもスポットを当ててみましょう!

■幼い頃からスターの片鱗を見せてきた!龍真咲さんの生い立ち

母親の友人の紹介で月組公演「風と共に去りぬ」を観に行ってから宝塚歌劇団のファンになったという龍真咲さんは、幼い頃から歌を習っていたといいますから、そのころから素養を鍛えていたといっても良いでしょう。

風と共に去りぬ <出典:http://plaza.rakuten.co.jp/ojinami/diary/ctgylist/?PageId=17&ctgy=0>

宝塚歌劇団のファンとなってからは、休演日にも関わらず宝塚の町を巡るほど宝塚歌劇団にのめり込み、高校在学中の1999年に宝塚音楽学校の入学試験を受けて、一発で合格します。

やはりトップスター級のタカラジェンヌになる人って、音楽学校への入学も一発合格が多い気がしますが私だけでしょうか?

卒業後は87期生として2001年に宝塚歌劇団に入団、初舞台は「ベルサイユのばら2001」でした。

その後月組に配属されます。

ベルサイユのばら2001 <出典:http://okmusic.jp/i/collections/2424101>

宝塚歌劇団では、ほかの組に組替えすることが多く、多い人では3つの組を経験する人もいます。

その中で龍真咲さんは月組にてずっと経験を積み、2012年にトップスターとなった月組一筋のタカラジェンヌです。

組替えせずに月組トップスターになったのは実に16年ぶりといいますから稀有な存在といってもいいでしょう。

「まさき」「ま-くん」「まさお」といった愛称は、芸名の「真咲」から来ており、その芸名は、お母さんが「龍のように幸せを運びたいという気持ち」から付けたものだといいます。



■ご存じでしたか?実は高所恐怖症


宝塚歌劇団の舞台で高い階段を駆け下りたり、登ったりというのは定番といってよいシーンです。

月組トップスターでもある龍真咲さんですから、当然、高い階段を下りてきたことは何十回、何百回もあることでしょう。

龍真咲 <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/rj2012/gallery.html>

しかし、龍真咲さんは実は高所恐怖症だそうです。
それを全く感じさせないのは、まさに役者根性!

■もはや一流歌手!国歌斉唱も務めた抜群の歌唱力

171cmの長身に華やかな美貌は龍真咲さんの魅力のひとつですが、抜群の歌唱力もまた龍真咲さんの魅力のひとつでしょう。

龍真咲 <出典:http://ticketcamp.net/takarazuka-blog/takarazuka-ryu-masaki/>

その抜群の歌唱力にて2014年に宝塚市の阪神競馬場で開催されたG1レース「宝塚記念」では、出走前の「君が代」の国歌斉唱を務めており、また2011年にはディナーショーを開催しているという、一流歌手っぷりも発揮しています。

こうした歌に対する思い入れも、幼い頃から歌に親しんできた生い立ちが関係しているのかも知れませんね。

カテゴリー
コメントを投稿する

1 件のコメント

  • ミドチャン says:

    全てがパーフェクトな、まさきさんがんばってください。1公演3回は必ず見に行きます。大ファンです。

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!