9,701 views

「シェイクスピア」で華麗な演技!宙組上級生男役 天玲美音のプロフィール紹介

天玲美音さんは静岡県出身の91期生、愛称は「TEN」「Mion」「まぁちゃん」。

 

2005年花組公演『マラケシュ・紅の墓標』『エンター・ザ・レビュー』で初舞台を踏みその後宙組に配属された男役です。他の誰とも違う個性と実力…彼女が今や宙組にとって必須のスターとなった理由を紹介していきます。

天玲美音さんがみせる存在感とは?

天玲美音 <出典:plaza.rakuten.co.jp>
天玲さんは、比較的若い世代交代が進む宙組の中では上級生の位置にあります。

 

舞台の真ん中ではない場所で、それでも大きな存在感で舞台を盛り立ててくれています。歌ウマジェンヌが必ず行うコンサート「マグノリア・コンサート・ドゥ・タカラヅカ」でも、その美声を披露しています。

天玲美音の故郷愛

天玲美音 <出典:hamamatsunogenki.hamazo.t>
2011年には故郷である浜松市を訪れて現在の活躍を報告をされた天玲さん。

 

忙しい稽古と公演の合間をぬって1ヶ月間にわたる東京公演の様子や今後の公演スケジュール、母校である浜松学芸高校の思い出話、柔軟性を保つためのカラダの手入れの方法などもりだくさんの話題で場をなごませていたそうです。

意外な才能も発揮!

天玲美音 <出典:ticketcamp.net>
澄んでいてのびやかな歌声の他に天玲さんの持つ才能のひとつがなんと「作曲」。

 

宝塚歌劇専門チャンネル「スカイステージ」の番組内で放送された「MY SONG」では自分が作曲して歌った「ストロベリー・クオーツ ー幸せの瞬間ー」が大好評を得ました。聴きたい!という方は宝塚歌劇音楽配信サービス「TCAMUSIC」のラインナップに入っていますからぜひ彼女の歌声を堪能してみてくださいね。

舞台で魅せるパワーに注目!

天玲美音 <出典:twitter.com>
2015年後半はお休み期間などがありましたが、「シェイクスピア」ではロバート・セシル役として圧倒的なパワーで魅せてくれている天玲さん。

 

特にショー「HOT EYES!!」で寿つかささん、美風舞良さん、花音舞さんらとともに幕開きを告げる案内人として登場する天玲さんはあっと驚くビジュアルで楽しませてくれます。ぜひ舞台上での彼女の活躍に注目してみてください!

 

著者:seikacat

カテゴリー
タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!