花様年華は終わらない!?BTS(防弾少年団)「WINGS」考察と深まる謎③

※まずは、花様年華は終わらない!?BTS(防弾少年団)「WINGS」考察と深まる謎①~②を御覧ください。

花様年華は終わらない!?BTS(防弾少年団)「WINGS」考察と深まる謎①


花様年華は終わらない!?BTS(防弾少年団)「WINGS」考察と深まる謎②





■방탄소년단 (BTS) WINGS Short Film #7 AWAKE





ついに最後のティーザー「AWAKE(目が醒める)」が公開。主人公はジン。




薄暗い部屋で空虚な表情を浮かべるジンは、りんごを手に取りますが、すぐに床に落としてしまいます。


WINGSジン <出典:ameblo.jp>


そして「夢はなくなった」という字幕。

よく見ると、ジンがいる部屋にはメンバー全員に関わるものがありました。
ジョングクの絵、ジミンのりんご、テヒョンの絵、ユンギのピアノ、ナムジュンの鎖がかかったタンス(電話ボックス)、ホソクの薬、暴れた跡のある扉(扉には引っかき傷でLIEと書かれている)、そして過去MVに登場した百合の花。

WINGSジン <出典:ameblo.jp>


恐らくここはジンの空想、夢の中です。
メンバーを失った辛さで現実に戻れずにいるのではないかとされています。

「泣くことも、笑うこともたくさんしたけれど、どれも全てがとても美しかった」

ジンは百合の花を燃やしたことで、6人の死としっかり向き合い、決別することを決めました。




そして、部屋を出て暗い廊下を歩いていきます。行き当たった絵は、ジョングクのティーザーで登場していたハイタカ。

WINGSジン <出典:youtube.com>



壁一面にはアプラクサスの絵が散りばめられています。アプラサクスは選ばれし者を天国へと誘う存在ですが、ジンはそこから遠ざかっていく、すなわち現実世界に戻っていきます。


そして並んだ6枚の絵。左からナムジュン(鏡の部屋) 、テヒョン(親子の絵)、 ジミン(林檎)、 ユンギ(ピアノ) 、ジョングク(ハイタカの絵)、 ホソク(色を付けた跡)。

WINGSジン <出典:imgrum.net>


この廊下は、夢から醒める前の道なのでしょうか。

みんなの後を追いたいという気持ちもありながら、曲中では「I can’t never fly」「I can’t touch the sky」
=死ぬことはできない
=生きることを選んだ
としており、絵の中にも書かれていた「生き残らなければならない」の文字からも、ジンは死ぬことは選択しなかったのです。


WINGSジン <出典:hatenablog.com>

このことから、WINGSはI NEED Uのその後のストーリーとして続いているのではないかと言われています。
ジョングク、ジミン、ユンギ、ナムジュン、ホソクは天国へと旅立っており、テヒョンは薬を飲んだまま死を選んだために虚無の世界に落ちています。
ジョングクが「ヒョン!」と叫んで助けようとしたのはテヒョン。テヒョンもみんなの後を追って死のうとしていました。
RUNでテヒョンと一緒にいたナムジュン。


警察に捕まった際に「生き残らなければならない」と言い残したナムジュンなら、テヒョンを助けられるんじゃないかとジョングクはナムジュンに手紙を送ったのではないか。
ナムジュンは手紙を受けて電話に出ようとした、しかし出られなかった=テヒョンは救われないまま。

すべての話が次第に繋がり始めます。






■방탄소년단 (BTS) 'WINGS' Comeback Trailer : Boy Meets Evil






そしてついにカムバック予告編「少年と悪魔の出会い」が公開されました。
登場人物はホソクのみ。キレのある激しいダンスを披露しています。



「わたしの罪は、これ、あれ、などはっきりいたわけではなく、悪魔の手を取ったことだった。その悪魔はわたしをしっかりと掴み、敵は後ろをつけていたのだ。」



WINGSホソク <出典:soompi.com>


Save Meの最後に「Boy Meets…」と記されていましたが、あれから続きの物語だとすると、少年はついに悪魔と出会ってしまったことになります。
神であるアブラクサスは、キリストの対抗勢力として約400年ほど悪魔扱いされていました。
それと今回の予告編は何か関係があるのでしょうか。


BTS「WINGS」は、それぞれのメンバーのソロ曲を含む全15曲が収録されており、2曲目の「血、汗、涙」がリード曲になる予想です。






10月10日に全てが明らかになると発表されたBTS「WINGS」。今後の展開にも注目してください。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!