139 views

 アニメ、声優番組、2.5次元舞台などの制作を手掛ける株式会社ムービックと、舞台、アーティストライブ、落語・古典芸能など幅広い企画を手掛ける株式会社サンライズプロモーション東京が、2020年2月19日から新感覚の舞台・音楽劇 「黒と白 -purgatorium-」を日本青年館にて上演する。

本舞台は“七つの大罪”をモチーフにしており、七つの大罪になぞらえた時代も場所も背景も異なる4つの人生の物語に、それぞれのイメージ主題歌(全4曲)を添えて、オムニバス形式で上映される音楽劇。

公演を間近に控え、イメージ主題歌&劇中歌計5曲の試聴が公開となった。また、楽曲を歌うキャスト陣(岩永徹也、平井雄基、宮澤 佑、國島直希、岩佐祐樹、橘りょう、塩澤英真、佐藤信長、千葉瑞己、堀田竜成)がそれぞれコメントを発表した。

 音楽劇 「黒と白 -purgatorium-」のチケットは現在好評発売中。


音楽劇「黒と白 -purgatorium-」劇中歌試聴



◆楽曲タイトル◇

【音楽劇「黒と白 -purgatorium-」劇中歌『Fabula -お伽噺-』】
歌唱 千葉瑞己&堀田竜成
作詞:川住かつお 作曲編曲:磯江俊道

千葉瑞己


堀田竜成


――公演イメージソングのレコーディングを終えた感想をお願い致します。
千葉:楽曲をいただいて初めて聴いた時、歌の中に一つの世界が広がっているような、歌自体が一つの物語になっているような、そんな印象を受けました。ですので、レコーディングの時は、その世界観・物語を大切に、語り聴かせるように、伝えることを大事にしながら歌いました。「福音を届ける天使」として、聴いてくださった方にそれを伝えることが出来ていたらうれしいです。
堀田:この様な楽曲は初めて歌うので、新しい挑戦が出来たのではないかと思います! 物凄く難しい歌でした。ですが、舞台で披露するのが楽しみです!

――楽曲の聴き所を教えてください。
千葉:全体を通して情景が浮かぶ様な……いつかの思い出、誰かの顔が思い浮かぶような歌になっています。聴いてくださる時には、大切な思い出、大切な誰かのことを考えながら聴いてくださったらうれしいです。竜成くんと掛け合うように作り上げたハーモニーも感じていただけたらと思います。
堀田:物凄く感情を込めて歌っています! ブレスの抜き方だったり、歌い方を1番から少しずつ変えているので、そこもチェックしていただけるとうれしいです!

――ファンへメッセージをお願いします。
千葉:舞台の世界観を表現出来るよう、舞台に彩りを加えられるよう、心を込めて歌いました。お芝居と合わせて、みんなの歌も楽しんでいただけたら幸いです。誠心誠意頑張ります!! どうぞよろしくお願い致します!!
堀田:舞台の上で皆さんを包み込めるような歌をお届けします! 僕の歌声とあなたの心を“調和”してみせますね。

【音楽劇「黒と白 -purgatorium-」劇中歌『Superbia-傲慢-』】
歌唱 岩永徹也&平井雄基
作詞:江幡育子 作曲編曲:大山曜

岩永徹也


平井雄基


――公演イメージソングのレコーディングを終えた感想をお願い致します。
岩永:『黒と白』のイメージソングにぴったりの、とても雰囲気のある素晴らしい曲で、一音目からお気に入りになりました! レコーディングはさくさく進んだのでもっと歌いたいなという気持ちです!
平井:イントロから引き込まれる魅力的な音楽かつ凄く壮大な世界観で、レコーディング中、いろいろな情景を想像できたので、歌いやすかったですが、低い声がなかなか出ず苦戦しましたね(笑)! 僕は声が高いようです(笑)。

――楽曲の聴き所を教えてください。
岩永:ルシフェルの黒のイメージを前に出して歌ってみました。ハモリの歌声も録音したので、自分の声が重なり合ってるのを聴いてもらいたいな。
平井:イントロ中に曲調が変わるところと、2番の「黒と白それぞれの宿命は真逆の真理」という歌詞の部分です! ここは曲調も変わる部分でゆったりとしてるので、より世界観が出やすいのかなと思ったのと、僕のソロで一番好きな部分です(笑)。

――ファンへメッセージをお願いします。
岩永:何年経っても『黒と白』のことを思い出せる、思い入れ深い曲になったと思います。たくさんの人たちのもとに届いてくれたらうれしいです!
平井:ミカエル役の平井雄基です。オムニバス形式の舞台ということで、本当にみなさんと同じくらいワクワクしてます! ご観劇いただく際は、お芝居はもちろん僕たちの歌声などにも注目してみてください! 僕のことを知っている方も、そうでない方もぜひ、ミカエル(平井雄基)を観に来てください! 皆さんにお会いできるのを楽しみにしてます!


【音楽劇「黒と白 -purgatorium-」劇中歌『Ira-憤怒-』】
歌唱 宮澤佑&國島直希
作詞:Hassy 作曲編曲:磯江俊道

宮澤佑


國島直希


――公演イメージソングのレコーディングを終えた感想をお願い致します。
宮澤: 最初にこの曲を聴いた時、歌詞から楽曲からかっこいいなと言う印象でした。レコーディングではキーが高くて苦戦した部分もありましたが、この曲をどうやったらかっこ良く、繊細に歌えるか、そこを意識して歌わせていただきました。イメージしていた感じに近く歌えて、楽しかったです!!
國島:相方の宮澤佑くんが上手い! だいぶ助けられました。こんなガッツリ歌うことがなかったので、大変でした。歌手の千葉くんの凄さを改めて知りました。もっと歌が上手くなりたいと思ったので練習しようと思います。

――楽曲の聴き所を教えてください。
宮澤:サタンの荒々しい感じを取り入れて歌ってみましたので、ぜひ注目していただきたいです。
國島:メロディーも歌詞もかっこいい。「神」って感じ。「嵐を今呼び覚ます」という歌詞の「嵐を」にめちゃくちゃ苦戦したので、その分、気合入っているところです。意識して聴いてみてください。

――ファンへメッセージをお願いします。
宮澤:素敵な楽曲の数々と俳優陣の歌のコラボを楽しんでいただけたら幸いです! お楽しみに!
國島:ファンタジーなお話であり設定なのですが、どれだけリアルに演じられるかが自分の中で凄く楽しみです。あとビジュアルが凝っていて、めちゃくちゃ自信あります(笑)! ぜひ劇場で目に焼き付けていってください! お待ちしてます!


【音楽劇「黒と白 -purgatorium-」劇中歌『Acedia-怠惰-』】
歌唱 岩佐祐樹&橘りょう
作詞:渡邊カズヒロ 作曲編曲:大山曜

岩佐祐樹


橘りょう


――公演イメージソングのレコーディングを終えた感想をお願い致します。
岩佐:初のデュエット曲収録でしたっ。過去に別の舞台でレコーディングの経験はあったのですが、その時は4人もしくは9人だったので、みんなの声があって、みんなで歌っているという安心感があったのですが、今回は2人だけ! それも、ひとりでハッキリと歌うところも多くてとても緊張しました……。たくさん練習して臨めたので、あとはりょうくんと一緒になった時にどう完成するのかとても楽しみですっ!
橘:まず、全体のテイストがとても大好きです。壮大な景色を感じさせるイントロからの、すごく「怠惰」と「努力」の想いが溢れ出る歌詞にサビがぴったりはまり、終始楽しく歌わせていただきました。レコーディング中に色々な感情を試して、今の自分が出せる100%を引き出していただいたと思います。

――楽曲の聴き所を教えてください。
岩佐:今回のお話とリンクしていて「航海」がテーマ。空や海が出るように、とても大きく力強い曲だと感じました。聴くときはぜひ物語や空や海を想像して、その力強さやリズムに乗って気持ちよく聴いていただけたらうれしいですっ。
橘:2人が交互に歌って向かっていく落ちサビがとても気に入っています。でも、最終的に全部好きです。ほんとにかっこいい曲なので!

――ファンへメッセージをお願いします。
岩佐:いつも応援ありがとうございます。この度は「怠惰×努力」の公演イメージソングをりょうくんと歌わせていただきました。普段、歌手でもない僕らがこうして歌うことはとっても恐れ多い気持ちでいっぱいですが、僕らが歌うことでお届けできることがあって、それが応援してくれている皆さん、この作品に足を運んでくださる皆さんが喜んでくれていたり、楽しんでいただけることであったら、とても幸せだなと思っています。公演イメージソングも含め、音楽劇『黒と白』をお楽しみくださいっ。
橘:「努力」ラグエル役の橘りょうです。コメント読んでくださり、ありがとうございます。最高のパフォーマンスをお届け出来るよう、まさしく「努力」という名の通り、突き進んで、劇場で応援してもらえるように頑張ります。よろしくお願いします!


【音楽劇「黒と白 -purgatorium-」劇中歌『Luxuria-色欲-』】
歌唱 塩澤英真&佐藤信長
作詞:いとうかなこ 作曲:MILKY SWEET
編曲:大山曜

塩澤英真


佐藤信長


――公演イメージソングのレコーディングを終えた感想をお願い致します。
塩澤:自信を持ってお届けできるように、気持ちを込めてレコーディングを頑張りました。ぜひ、楽しみにしていて下さい!
佐藤:この音楽劇『黒と白』にぴったりで、素敵な曲だと思います。個人的に、パイプオルガンで始まるのがとても天使っぽくて、この世界観に合っていると感じています。レコーディング当日は緊張しましたが、完成が楽しみです!

――楽曲の聴き所を教えてください。
塩澤:「とにかくカッコ良く!」とレコーディングのときに、スタッフさんからオーダーをいただいたので、役をイメージし、声音、そして息遣いも意識して歌ってみました。それをチェックしてみてください。
佐藤:2人で歌うパートですね。レコーディングでは別々に収録したのですが、2人の声が重なって、よりいいものになっていると思います。

――ファンへメッセージをお願いします。
塩澤:メロディーも歌詞も、その一つ一つがとても素敵なので、ファンの皆さんに必ず好きになっていただける曲だと思います。大切な人を想いながら、聴いてもらいたいです。期待してください。
佐藤:今回、純潔・サリエルという役をやらせていただくのですが、普段の頭の中はおふざけや悪戯でいっぱいなので、いかに隠し切れるか、いかに純潔な天使になれるかが見どころとなっております(笑)。ぜひ、この世界を楽しんでください!

音楽劇 「黒と白 -purgatorium-」



日程:2020年2月19日(水)~23日(日)
全8公演
会場:日本青年館(https://seinenkan-hall.com/

2月19日(水)18:30開演(AB)
2月20日(木)18:30開演(CD)
2月21日(金)13:00開演(AC)/18:30開演(BC)
2月22日(土)12:00開演(AD)/17:30開演(BD)
2月23日(日)12:00開演(CD)/17:30開演(AB)

※開場は、開演の30分前です。

※A、B、C、Dの4つの物語が存在し、公演ごとに組み合わせが異なりますが、全公演で全出演者が登場します。
A:傲慢×奇跡編、B:憤怒×慈悲編、C:怠惰×努力編、D:色欲×純潔編(それぞれ担当の二人がメインの物語となります)

【あらすじ】
あるとき創造主は、不完全な世界(人)を壊して、作り直すことを決める。
その決定に異を唱えた天使たちは、『黒』の烙印を押され、翼を奪われて不完全な世界(人)に堕とされるのだった。
「世界(人)を見捨て天に帰ろう」と『白』の天使たちは、かつての友や兄弟を誘う。
しかし『黒』の天使たちは、人としての生を何度も繰り返しながら、首を振リ続けるのだった。
不完全なものだからこそ、世界(人)はこんなに美しいのだ、と。

これは、ここではないどこかで繰り広げられる、世界(人)と、黒と、白の物語。

原罪とは、愛してならないものを愛したこと。

【チケット価格】
1階席 全席指定8,500円(特典ブロマイド・ランダム4枚付)

【チケット】
発売中
チケットぴあ  
0570-02-9999(Pコード:499-713)
チケットぴあ店頭/セブンイレブン店頭
ローソンチケット  
0570-084-003(Lコード:32532)
0570-000-407(オペレーター10:00~18:00)
ローソン店頭/ミニストップ店頭(店内Loppi)
イープラス  
ファミリーマート店内(Famiポート)

【出演】
岩永徹也(傲慢・ルシフェル)
平井雄基(奇跡・ミカエル)
宮澤 佑(憤怒・サタン)
國島直希(慈悲・ラファエル)
岩佐祐樹(怠惰・ベルフェゴール) 
橘りょう(努力・ラグエル)
塩澤英真(色欲・アスモデウス) 
佐藤信長(純潔・サリエル)
須賀京介(嫉妬・レヴィアタン)
五十嵐拓人(強欲・マモン)
石川竜太郎(暴食・ベルゼブブ)
千葉瑞己(寛容・ガブリエル)
堀田竜成(調和・カシエル)
ほか

【スタッフ】
脚本・演出:斎藤栄作
企画・原案:山田一朗
キャラクターイラスト:夏生
楽曲提供:ZIZZ STUDIO
舞台音楽:kooge
振付:MAMORU
ヘアメイク:西村裕司
衣裳:西田さゆり
美術:乗峯雅寛
舞台監督:加藤保浩
音響:遠藤宏志・塚原康裕
照明:大波多秀起
映像:ワタナベカズキ
アクション:武智健二・吉田晃太郎
演出助手:山口美絵
制作進行:麻田幹太・神戸丈志
制作:古谷真弓

<公式サイト>
https://www.kuro-shiro.com/

<公式ツイッター>
@kuroshiro_2020

(C) KSP製作委員会

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

俳優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!