実写化不可能と呼ばれた漫画、黒子のバスケがついに舞台に!

黒子のバスケは、藤巻忠俊によって2009年から週刊少年ジャンプにて連載され、「SLAM DUNK」以来の大ヒットを巻き起こした人気バスケ漫画です。物語は一度幕を閉じましたが、現在も続編となる「黒子のバスケ EXTRA GAME」が連載中です。

黒子のバスケ 舞台 <出典:natalie.mu>
黒子のバスケの人気は社会現象になるほどで、これまでに何度もSNS上では「1番キャラに合うキャストは誰か?」という談義が重ねられてきました。

しかし、物語に出てくるキャラクターたちが見せるバスケのテクニックはプロかそれ以上の高難度の技術ばかり。原作が最後までアニメ化されたため、実写化は無理であり、やらないだろうと思われていました。

そんな黒子のバスケがついに舞台化!いったいどんな内容なのでしょうか?また、注目の「キセキの世代」は誰が演じるのか?

それでは舞台「黒子のバスケ」について詳しく見ていきましょう!

2016年春、キセキの世代が喋る!動く!


黒子のバスケ 舞台 <出典:twisave.com>
「テニスの王子様」や「NARUTO」、「ハイキュー!!」「青の祓魔師」など、多くのジャンプ漫画が舞台化・ミュージカル化されてきた中、この時を待っていたかのように舞台化が決まった「黒子のバスケ THE ENCOUNTER」。

この舞台は2016年4月8日~24日池袋のサンシャイン劇場にて上演予定です。


一体どこを舞台化するの?

全30巻ある黒子のバスケの原作で、一体どこを舞台化するのか?はたまたオリジナルのストーリー展開なのか?

黒子のバスケ <出典:www.cafereo.co.jp>

どうやら今回は主人公の黒子テツヤと、その相棒的存在となる火神大我との出会い、それに加えてライバルとなる「キセキの世代」黄瀬涼太緑間真太郎青峰大輝との出会いも描かれるようです。

今回の舞台化だけでも登場人物は全部で21人とかなりの大所帯。公演時間やストーリー圧縮の限界から、残りの紫原敦やラスボス・赤司征十郎の登場は今のところなさそうで少し残念な気もしますが、これは続編制作もあり得るかもしれませんね。


舞台化しても主人公は小野賢章しかいなかった!!

小野賢章 <出典:news.livedoor.com>

舞台化と聞いて気になるのが出演キャスト。二次元作品の実写化は、その情報が流れた時点で反発の声が出ることが多いですが、今回、主人公の黒子テツヤ役を務めるのはなんと、アニメで黒子テツヤ役を演じた小野賢章さん。

アニメの黒子の声がそのまま動いて喋るという、これこそキセキ的な展開に反発の声もあまりありませんでした。アニメに引き続いて舞台も続投できるのは、子役時代から活動を始めて、今もなお俳優としても多くの舞台に出演し活躍する小野賢章さんならではかもしれません。

一方、黒子の相棒役となる火神大我役には安里勇哉さんを起用。こちらも「DIABOLIK LOVERS」や「弱虫ペダル」「神様はじめました」など、数多くのアニメ・漫画作品の実写化舞台で経験を積んだ強者。身長も180㎝と高身長です。

誠凛の「影」と「光」に加えて気になるのが「キセキの世代」のキャスト。
誠凛高校に最初に立ちはだかる壁・海常高校の黄瀬涼太役には、ミュージカル「刀剣乱舞」にて三日月宗近役を演じて話題となった黒羽麻璃央さん。

誠凛高校に似た「影」と「光」を持つ秀徳高校の緑間真太郎役には畠山 遼さんと、その相棒の高尾和成役には山田ジェームス武さん。

火神大我との比較も多い、黒子のかつての相棒である青峰大輝役には小沼将太さんが起用されました。

ほかにも誠凛高校やライバル高校の主要メンバーもずらり!さすがに原作通りの身長そのまま…とまではいきませんが、どのキャラもそのキャラの身長や体格を考慮してキャスティングされている様子。

舞台「黒子のバスケ」は出演キャストにも注目です!

実写化は不安?そんなことは決してありません!

黒子のバスケ the encounter <出典:www.kurobas-stage.com>

ここまで読んできて、それでも「実写化舞台は、原作の雰囲気を壊しかねない…」という不安を持った方ももちろんいるはず。

でも、舞台「黒子のバスケ」はその不安を跳ね返すような制作スタッフ陣なのです!
なんといっても、今回の舞台において一番重要なのは脚本と演出。この舞台の脚本・演出は中屋敷法仁さんが担当されます。

中屋敷法仁さんは、過去に行われたハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」で脚本を担当。去年上演されたハイキュー!!の舞台は大好評で幕を閉じ、すぐに2016年の再演が決定しました。

同じジャンプ作品で、同じスポーツ漫画の舞台化を経験している中屋敷法仁さんならば、今回の舞台「黒子のバスケ」もきっと原作の魅力である「アツさ」を存分に引き出してくれるのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、アニメという二次元の世界ではキャラクター達の動いて喋る姿は見られますが、キャラクターが実際に生で動いて喋るのは初めて。迫力のある試合展開が、舞台上でどう展開されるのか!?

満を持して舞台化される「黒子のバスケ THE ENCOUNTER」。この春、一番池袋がアツくなる!!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

2.5次元の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!