チェロ弾きシンガー葉山彩音さんが魅力的過ぎる!ミニアルバム「FANTASIA」全曲聴いてみた!

こんにちは!さわDです。

最近はあまり新しい音楽を聴く機会が少なくなって、なかなかトレンドに追い付けていない状態です…

FullSizeRender
話は変わりますが、youtubeで色々動画をあさっていると広告が出ますよね。あれとても個人的に嫌ですね。
最近ではスキップできない広告もあって動画が見たいと思った気持ちがいきなり削がれると、あぁ~!!イライラする~!と声に出てしまうほどです。

そんな広告嫌いなさわDですが、ちょっと前にとある広告が流れてきたのです。それはスキップができる広告だったのですが、その広告だけはスキップできなかったのです。

さて、どんな広告だったのかというと、「コウモリ少女とニット帽」という楽曲のMVでした。

コウモリ少女とニット帽 <出典:https://www.youtube.com>

ピアノとチェロの美しい音色で始まるイントロと淡いタッチで描かれた可愛らしいイラスト、そしてボーカルのエモーショナルで不思議と聴き入ってしまう歌声。

出会ってしまった…!とその時思いましたね~! 久々に音楽との出会いを意識させられる体験でした。

この楽曲を歌っているシンガーさんは葉山彩音さんと言います。歌だけではなくてチェロも弾く“チェロ弾きシンガー”とのこと。
他の情報は未だ謎に包まれています。youtubeで楽曲のMVを長さに合わせたバージョンが投稿されています。

葉山彩音

「コウモリ少女とニット帽」を聴いた時にフルバージョンが聴きたい!と思ったのですが、その時はまだフルバージョンでの公開がなくCDは出ているか?、iTunesにはないか?と探し回りました笑

そして、待ちに待った9/28にミニアルバム「FANTASIA」をiTunesより配信リリース!もちろんさわDはすぐに購入しました。本当はWAV音源で聴きたかった…!

お目当ての「コウモリ少女とニット帽」を含む全8曲。作家陣を見てみると、結構豪華な人たちが揃っていて驚きましたね。

今回は葉山彩音さんのミニアルバム「FANTASIA」の全8曲のレビューをちょこっと書きたいと思います。

1.Fantasy Finder

アルバム一曲目となる「Fantasy Finder」この楽曲を聴いた時、衝撃を受けました。

さわDは「コウモリ少女とニット帽」の印象が強かったぶん、エレクトロポップ調の「Fantasy Finder」を聴いてガラッと葉山彩音さんの印象が変わりましたね。

サウンドに負けない力強く、クールな歌声、そして中盤の間奏でのチェロのソロもまたうまく楽曲の雰囲を崩さずクロスオーバーしていて、聴き飽きさせない楽曲だと思います。



■作詞:中村彼方
■作曲・編曲:大久保薫


2.コウモリ少女とニット帽

早くも二曲目で本命がきました。「コウモリ少女とニット帽」ゆったりとした心地よいメロディーのミディアムバラードです。

ウワモノ系の楽器の音色がどれも綺麗で特にギターのクランチサウンドとフレーズが個人的にとても好きです。サビのメロディーが今まで聴いたことのないようなメロディーなのにキャッチーでずっと頭に残ります。そしてメロディーの緩急がとてもグッときますね。

ありふれた日常の中で生まれる感情がこの曲にギュッと詰まっているような気がします。

今、コウモリ少女とは?と聞かれたらどんな子なのか想像できてしまう程に歌詞でうまく表現しています。コウモリ少女なとこ自分にもあるなーと思う人も多いのではないでしょうか。



■作詞:中村彼方   
■作曲・編曲:宮田“レフティ”リョウ




3.Fairy Dust

「Fairy Dust」はアップテンポで可愛らしいラブソングです。

柔らかいエレピの音やパッドの音色が甘い雰囲気を出し、軽快なドラムとベースのリズム、ギターのカッティングなどが恋をしている時の心が躍るような感情をとてもうまく表現できています。

歌詞に出てくるフォリラ・メリラというワードですが、おそらくFall in love(フォーリンラブ)merry love(メリーラブ)という意味を持つのかなと思います。
恋に落ち、その恋はハッピーなものであると、そういうことでしょう多分!

メロディー、歌詞、楽器の音色、フレーズどれもがコンセプトにピッタリハマっている楽曲は感情移入しやすいですね!MVのイラストも可愛い!



■作詞:中村彼方   
■作曲・編曲:宮田“レフティ”リョウ



4.Mother's Drop

4曲目「Mother's Drop」は「Fantasy Finder」よりもっとEDMに近いサウンドで、歌詞もノリを第一としたワードをリズミカルなサウンドの上に組み込んでいます。

葉山彩音さんの歌い方もまた違った歌い方で、また違った魅力がある楽曲です。もちろんチェロの音色も所々聴こえてエレクトリックな楽曲とアコースティックな音色でフレーズの組み方次第で意外に合うんだなぁと思いました。

口に出したら気持ちよく歌うことができそうなサビにも注目ですね!



■作詞:中村彼方
■作曲:Kanade YUK
■編曲:河合英嗣



5.弦の糸

5曲目「弦の糸」ですが、葉山彩音さんの魅力的な歌声とチェロの音色が一番映える楽曲です。

「Fairy Dust」とは違ったしっとりとした雰囲気のラブソングで切なさを感じられる歌詞がグッときます。赤い糸をチェロの弦の糸と表現する美しさにさわDは惹かれました。

夜、物思いにふけっている時に聴きたい楽曲ですね。



■作詞:中村彼方   
■作曲・編曲:宮田“レフティ”リョウ



6.1994

6曲目「1994」。アルバムの楽曲の中で異彩を放つ楽曲です。

シンフォニックでクール。

日常からは離れたもっと心の深くにある強い意志のようなものを感じられる歌詞が特徴的です。カラーを感じさせないモノトーンな世界観がさわDには見えました。



■作詞:中村彼方
■作曲・編曲:大久保薫



7.ブルーベリーjelly

7曲目「ブルーベリーjelly」はフレーズやリズムが特徴的です。

パーカッション的なフレーズと色々な音色が使われていてワクワク感もあり、不思議な空間で宙に浮いているような恋模様を上手く表現している楽曲だと思います。

楽曲タイトル通り甘酸っぱい掴みきれないゼリーのような感情というものが伝わる歌詞で、ネガティブすぎずポジティブでもない感覚を曲にするとこんな感じなのかなと想像してしまいました。



■作詞:中村彼方   
■作曲・編曲:Kanade YUK



8.いくつもの新月

アルバムラスト8曲目「いくつもの新月」。

昭和歌謡のテイストも感じられる力強く美しいメロディーがすっと染み込んできて心震わす楽曲です。

ボーカルの表現力を一番の聴かせどころとしたような包み込むようなストリングスがまたいい雰囲気を出しています。

そして葉山彩音さんの表現力の広さに驚きを隠せないですね…



■作詞:中村彼方   
■作曲・編曲:信澤宣明



「FANTASIA」全曲試聴の感想

ミニアルバム「FANTASIA」全曲を聴いてまず、音源のミックス、マスタリングがとてもよく出来ているなと感じました。

普段はiTunesで音楽を買うことは少ないのですが、AAC音源でも発音のニュアンスがしっかり感じられるようなボーカルと各楽器の鳴りがとても気持ちよく、全体的に住み分けがしっかりされている明瞭感のある音源だなと感じましたね。

FANTASIA <出典:https://twitter.com>

弦楽器のアーティキュレーションの豊かさも聴いていてとても心地の良いものでした。葉山彩音さんは歌もチェロもとても上手ですね。

各MVのイラストも繊細なタッチのものからガーリィで個性的なものまであって、どれも楽曲の雰囲気にあっていて、MVだとより作品としての素晴らしさを感じられることかと思います。パステルカラーやマカロンカラーを使ったイラストなどが個人的に好きなので…というのもあるかと思います。

ちなみに城咲ロンドンさんがイラストを担当した「コウモリ少女とニット帽」の中に出てくるうさぎの妖精“セル”がTwitterで広報役をしています。

iTunesでは「コウモリ少女とニット帽」は5月にリリースされていたのをあとで知ったのですが、とにかくこのミニアルバム「FANTASIA」はiTunesでも購入してよかったと思える楽曲ばかりでした!
今後、どんなクリエイターさんが関わるかも注目しているところです。期待大で葉山彩音さんの新曲を待ち続ける所存でございます。


気になった人はぜひ「FANTASIA」購入してみてください!

以下リンク↓
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!