今日からサク読み!トレタメアプリ

2,430 views

日本に祝日があるように、韓国にも決まった祭日や年間行事があります。

祭日ともなると、アイドルも故郷に帰って家族とゆっくり過ごしたり、貴重な休暇に旅行へ行っていることも多いですよね。

しかし、皆さんは韓国の祭日や年間行事、すべて正しく理解できていますか?

今回は「韓国の年間行事や祭日」についてご紹介します。

場合によっては、韓国旅行に行ってもお店が全部閉まっていたり、アイドルも活動していなかったりすることもあるので、しっかりチェックしてください!

韓国の1月にもお正月はある!でも、日本とはちょっぴり意味が違う…!

日本、そして世界各国でも、1月1日は「お正月」「年越し」「元旦」として盛大にお祝いされます。

しかし、韓国では昔ながらの旧暦に基づき、旧正月の方をメインに考えているため、1月1日はあくまでも年越しというイメージ。

親戚が集まったりするわけでもなく、普通に年越しを行います。



韓国では、1月1日を「新正(シンジョン)」と呼び、1日以降はすぐに学校や会社が始まります。

なんてことない年越しなので、日本人がお正月に帰省したり、家族と過ごして完全な休暇ムードになっている時でも、韓国ではいつもの日常が…。


韓国人にとって大事なのは、大体1月下旬から2月の上旬までに訪れる旧正月(ソルラル)

日付は毎年変わりますが、当日を合わせて3連休になります。


出典:©[몬채널][S] 설날 (Seollal)より

この時は、日本で言う三が日のように、家族や親戚が集まってお雑煮のようなトックを食べたり、羽子板のようにユンノリなど韓国の伝統的な遊びをして過ごすのです!

一年の中でも一同が集まる大イベントのため、お歳暮も必需品。

韓国の2月~3月にはどんな年間行事と祭日があるの?

旧正月(ソルラル)が終わると、2月のイベントは日本同様にバレンタインデーが大盛り上がり!

韓国ではあまり手作りチョコをあげるという習慣はなく、バスケットに入った華やかで大きなチョコやデコレーションされたケーキなど、その見た目で本気度を伝えることが多いです。


日本同様、チョコ以外にライターやネクタイ、靴下や財布などを添えて渡すことも多いそうですよ!

3月になると、三一節(サミルチョル)がやって来ます。

皆さんは3.1独立運動をご存知ですか?

1919年3月1日、かつて日本の植民地支配下にあった朝鮮半島の人々が、日本からの自主独立を求めた運動のことを指します。

デモはこれをきっかけに拡大していきますが、日本はデモを抑えるために武力で制圧。

実に8000名近くの朝鮮民が犠牲になりました。

3月1日は、その当時独立運動で犠牲になった人々を追悼する韓国にとってとても大切な日。

その日は街中で国旗が掲げられ、犠牲者の追悼イベントやデモが行われていることもあります。



3月1日に観光で韓国を訪れても特に怖い目に遭うことはないと思いますが、この歴史的背景を理解していることがとても重要です。

そして3月14日は日本同様、ホワイトデーがやって来ます!

日本だと、もらったものが多くの人の目にさらされるのはなんとなく気恥ずかしいものですよね…。

しかし、韓国ではそんなことはお構いなし!



ホワイトデー当日には、駅のホームで花束を持っている男性をたくさん見かけますし、他にも大きなぬいぐるみやホールのケーキ、指輪のケースなど目立つプレゼントを抱えています。

本命の彼女であれば、サプライズイベントも計画してホワイトデーを盛り上げる男性も多く、日本に比べてかなり情熱的♡

一方で、日本と同じく義理チョコのお返しに困る男性も少なくありません。

韓国の4月にはどんな年間行事がある?祭日はあるの?

韓国の4月5日はシンモギルという日があります。

植木の日という意味で、2006年までは祭日として制定されていましたが、現在は普通の平日になっています。

シンモギルの由来は、1910年4月5日に朝鮮第27代王純宗が植樹したことに由来しているそうです。



シンモギルが終わると、今度は寒食(ハンシッ)がやって来ます。

寒食(ハンシッ)は、12月下旬の冬至から105日目に当たる日で毎年日付は変わりますが、大体が4月の5日~7日あたり。

日本で言う、いわゆるお墓参りのことで、先祖を偲んで親戚一同お墓に赴きます。

まずは墓掃除をしてお参りを済ませたあとは、寒食(ハンシッ)という名前の通り、冷たい食べ物を口にします。

冷たい餅やナムルなどの冷たい野菜、蕎麦や冷麺なども主流で、食べたあとはお供え物にするとか。


昔の人の風習なので、現在はお墓参りだけで終わることがほとんどだそうです。

4月のラストイベントは、ちょっぴりユニークな4月14日のブラックデー

バレンタインデー、ホワイトデーともに恋人がいなかった独り身の男女が集まって、黒い服を来て黒い麺(チャジャンミョン)を食べる習慣があります。



独り身の寂しさを紛らわすために、友達同士で集まるのだそうですが、若者の間でいつの間にか生まれた文化だそう。

それにしてもちょっぴり切ない行事ですが、友達と集まって美味しいチャジャンミョンを食べられるので、良い文化ではないでしょうか??

韓国の5月は祭日が盛りだくさん!いろんなことに感謝するイベントも!

日本ではGW(ゴールデンウィーク)がある5月、韓国でも5月は祭日が多い月です。

5月5日 こどもの日

5月8日 父母の日(オボイナル)

5月15日 先生の日

5月21日 成年の日

5月22日(旧暦4月8日) 釈迦誕生日


5月5日のこどもの日は日本にもある通り、子供の健やかな成長を願う日。

行うことは日本とほとんど変わりありません。

5月8日の父母の日(オボイナル)は、文字通り両親に感謝を伝えるための日です。

日本だと、5月の第2日曜日に母の日、6月の第3日曜日に父の日がありますが、韓国では決まって5月8日に父母の日として両親に感謝します。

定番のカーネーションはもちろん、旅行や金券をプレゼントすることもあり、街中には花が溢れます。



日本よりも両親を大切に想う気持ちの強い韓国ならではで、親子の固い絆が伺えますね…!

5月15日の先生の日(ススンエ ナル)も学歴大国・韓国ならではでないでしょうか。

この日は、日頃からお世話になっている先生やかつてお世話になった恩師へ感謝を伝える日。

両親と違い他人で教師という立場もあるため、特別過ぎるプレゼントなどはしていませんが、花やささやかな手紙などで感謝を伝える素敵な日です。

5月21日の成年の日(ソンニョネ ナル)は祭日ではありませんが、満19歳になった成人を祝う日として制定されました。

日本のように地域ごとに成人式をすることはなく、祭日でもありませんが、家族や友人、恋人と新たな気持ちで過ごしたりします。

ロマンチックなのが、恋人同士で満19歳を迎えると、彼氏が彼女に「20本のバラ・香水」をプレゼント♡

そして、成人最初のファーストキスも贈るそう♡

5月22日は釈迦の誕生を記念する日で、「初八日(チョパイル)」と呼ばれます。

仏教がメインとなる記念日ですが、宗教を信仰する人が多い国では欠かせない日です。

1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード K-POP・韓流韓国・芸能

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!