今日からサク読み!トレタメアプリ


christmas-song-rankings


日本には定番のクリスマスソングがいくつかありますが、洋楽の中にもクリスマスの定番曲は数多くあります。中には「洋楽の方が本場の雰囲気がある!」と感じている方もいるかもしれません。洋楽の定番曲を知っておけば、周りの方におしゃれなイメージを与えることもできるでしょう。

ここでは、洋楽のクリスマス定番曲をランキング形式でご紹介します。

【第5位】The Jackson 5『Santa Claus is Coming to Town』


ジャクソン5の『Santa Claus is Coming to Town』は、最も有名なクリスマスソングと言われています。



アメリカの音楽雑誌であるビルボードのチャートでもクリスマス部門1位を獲得しており、今まで数多くのアーティストがカバーしてきました。

日本では「サンタが街にやってくる」と和訳されており、訳詞は神戸孝夫さんが担当しています。世界中で愛された曲であるため、1970年にはこの曲をモチーフとしたアニメが制作されました。


christmas-song-5


【第4位】ジョン・レノン&オノヨーコ『Happy Xmas(War Is Over) 』



ジョン・レノン&オノヨーコの『Happy Xmas(War Is Over) 』は1971年に発表された曲で、クリスマスになると現在でも良く流れている曲です。


出典:©johnlennon official youtube
HAPPY XMAS (War Is Over) - JOHN & YOKO THE PLASTIC ONO BAND with The Harlem Community Choir より


日本では「ハッピークリスマス(戦争は終わった)」と和訳されており、ジョン・レノンのソロキャリアにおける代表曲と認識されています。

全英のチャートでは4位、アメリカのチャートでは最高28位を獲得しており、世界中でさまざまなアーティストがカバーをしていることでも知られている曲です。「争いを止めよう」「望めば戦争は終わる」など、世界平和を歌っている曲でもあります。

【第3位】Mariah Carey『All I Want For Christmas Is You』


Mariah Careyの『All I Want For Christmas Is You』は、ドラマ主題歌やCMソングなど、多様なシチュエーションで使用されているクリスマスソングです。



出典:©GeorgeMichael.com 2010-2017
Wham! - Last Christmas(youtube) より


「サンタクロースに運んできて欲しいのは恋人だけ」という願いを歌った曲ですが、日本では「恋人たちのクリスマス」と和訳されており、実際の歌詞とは意味合いが異なっています。

この曲は1994年にリリースされ、世界各国のチャートでトップ10以内を獲得しました。現在でもクリスマスの季節になるとチャートの上位に戻ってくる名曲であり、クリスマスの定番ソングとして世界中から親しまれています。


1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 洋楽音楽

洋楽の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!